Gallery3 VOL

DD53ばんえつ物語

C57180の検査に伴い、牽引機が無くなった「ばんえつ物語」、D51498も調子が悪く、数回に渡るピンチヒッターは無理な状態。そんな窮地に立たされたJR東日本が出してきた秘密兵器が何んとあのDD53だった!これには正直驚いた。燃費が悪く、ラッセルですら年に数回しか稼動しないカマが、客扱いの列車を牽引するなど想像もつかない。蒸気現役時代には一般貨物も牽引していたが、それとて35年以上も前の話し。時空を超えて磐越西線「ばんえつ物語」に抜擢された勇姿は最初で最後ではないかと思い、11月3日と4日の本運転に出撃してきました。連日天気も最高で、DD53の虜になってしまいそう・・・
撮影は全て共通:EOS-1NHS+EF70-200/2.8L ACROS+1(ISO200) 軟調増感現像(自家処理)


JR東日本の秘密兵器DD53がついに列車を牽引!!! 2006.11/3 徳沢〜上野尻(端村集落) 


超パニックとなった喜多方〜山都(舞台田)、いったい何百人いたのだろうか? 2006.11/3


ここも連日大混乱していた鹿瀬〜日出谷(平瀬)人気ポイント、光線状態が最も良かった! 2006.11/4

国鉄時代のDD53

実はDD532号機は今から22年前の1984年に直江津機関区で一度撮影していますが、これは冬期だけ長岡機関区から信越本線用に直江津機関区へ貸し出されている時を狙って撮影したものです。
現在もこのパターンが継続されているようですが、現在のDD532号機と比べると、無線機もなく、原形に限りなく近い姿です。この姿は正に今無き新幹線牽引用の911DLにそっくりですね!


直江津機関区でDD15と並ぶDD532号機 1984.12  MAMIYA C330+S80/2.8 ILFORD XP-1

  Back