Gallery3 VOL-11 DD51特集

DD51を追って - 一般形 篇 -

DD51特集の最後は長年見慣れてきた亀山機関区の一般形を中心に特集してみたいと思います。
紀勢本線でDF50を撮影していた頃、時期的には1976〜1980年になりますが、最初からDD51で運転されていたのは参宮線の宮川まで運転されていたセメント列車で、他は全てDF50だった。やがて、1979年の3月頃から正面の帯が無い九州型のDD51が亀山機関区に多数入線し、DD51+DF50の重連で試験運転を開始。確か2か月ぐらいやっていただろうか?その後、貨物を中心にDD51へ置き換わり、1980年3月のDF50引退をもってDD51の天下となりました。
DF50が引退してしばらくはDF50時代の運用に基づきDD51が運転されていましたが、伝統の貨物が次々に削減され、旅客列車もやがて全廃、結局、最後まで残ったのが鵜殿貨物でみなさんご存じのとおりです。
私自身どうかと言えば亀山機関区のDD51が大嫌い(問題発言?)で、スノープラウも旋回窓も付いていないし、何よりDF50を引退に追い込んだ憎き相手ですからしばらく被写体としては考えられず、多少写した記憶はあるもののプリントすらしていない有様、ネガを探せば面白いカマが写っているかもしれもしれませんが・・・よって、当コーナーでは、自分でプリントした写真が残っている1983年以降に撮影した分を掲載します。多分、PENTAX67を購入し、嬉しさのあまり近場のDD51を撮りはじめた時期ですね。この頃は亀山〜高茶屋に変則3重連のセメント貨物があったり、寝台特急の紀伊や旧型客車もまだまだ健在で、カマがつまらない一般形のDD51であることを除けば魅力的な列車が多く残っていました。しかし、1985年頃から徐々にDD51牽引の列車が消滅し、ファンの注目を浴びることなく鵜殿貨物以外は消えていきました。
それでも、鈴鹿サーキットの8耐バイクレースやF1に絡む団臨、伊勢神宮初詣臨などDD51の活躍自体はその後も続きましたが、客車タイプの団臨の激減と2013年3月に鵜殿貨物消滅によって今は姿を見せなくなりました。
それでも愛知機関区のDD51が2016年現在も関西本線で活躍をしており、原色機など多種多様なカマが四日市までのコンテナやタンク車を時には重連で牽引しています。今、ファンの注目を一身に浴びてますね。早く撮らないとDF200に交替しますよ!

※写真は路線の説明が無い限り紀勢本線での撮影、場所は亀山〜多気での撮影がほとんどです。(近場で妥協か?)

カメラ:PENTAX67+SMC90mm/2.8+SMC105mm/2.4+SMC150mm/2.8+SMC165mm/2.8 Tri-X 

Dec/1990 関西本線 加太〜関  DD511043先頭の3重連旧客+マイテ49「関西本線開通100周年記念号」

May/1984 DD51変則3重連(後補機は亀山〜高茶屋)で運転されていた大泊行セメント専貨5193レ
※後補機は高茶屋〜亀山に当時設定されていた集配貨物861レのカマ回送と思われるが未確認

Dec/1983 念願のPENTAX67を手に入れ、近場のDD51をようやく写し始めた頃はまだ旧客が健在だった

Feb/1984 参宮線の宮川からやって来る小野田セメントの3161レ、D51時代からの参宮線貨物も1986年に全廃された

Jul/1984 紀勢本線にも各地で余剰となった20系寝台が団臨として入線するようになり楽しませてくれた

Apr/1984 帯なし塗装1041号機先頭の5193レ変則3重連セメント専貨、珍しくもワムが連結されていた

Mar/1985 私にとって紀勢本線の旧客最後の撮影となった125レ、この後50系、12系と変わり全廃された

Jun/1984 亀山機関区531号機牽引の20系団臨、最後まで残った唯一の500番号台だった

Jan/1985  鈴鹿山麓に雪雲が立ち込める中、夕日を浴びて重連の旧客127レが下庄を行く

Feb/1985  尾鷲駅に停車中の旧客126レ、この795号機も側面の帯がない変則塗装だった

Mar/1985 私にとってお手軽撮影地である下庄を行くスロ81系シナ座、ジョイフルトレインの元祖的存在

Aug/1985 多気の鉄橋を渡る20系の8耐団臨、何と10両もの長大編成で今だったら激パ必至!

Feb/1986 伊勢神宮があるため年明けは参宮線への臨時列車も多いが、ヘッドマーク付は非常に珍しい

Jun/1987  美祢線の湯ノ峠を行く850号機牽引の石灰列車、この路線は一般形が多いが本数は多いので楽しめた

Jun/1987 SLやまぐち号の非運転日に宇部の本山支線クモハ42を午前に写し、午後は美祢線でDD51を楽しんだ

Dec/1988 石山の鉄橋を行く草津線の50系客車、オリエント急行の前走りで来たような記憶が・・・

Feb/1987 関西本線の加太を行く1032号機牽引の岡サロ、色が地味なので曇天では辛いですね

Jun/1990 加太の定番アングルを行く帯なし塗装1043号機牽引の「あすか」、排気音が山々に響く

Dec/1988 「関西本線100周年記念号」は帰路も1043号機が先頭、最後まで残った帯なし塗装で人気があった

Feb/1987 多気の鉄橋を渡る江戸、バブル期に多くの豪華車両が登場し紀勢本線にも大半が入線した

Oct/1991 荷坂峠を行く美濃太田運輸所749号機牽引の14系
                                       
Mar/1991 ワム時代の鵜殿貨物、この後コンテナ、単機牽引と変わり紀勢本線から貨物は消えた

TopPage