Gallery3 VOL-13 電気機関車特集

マンモス電気機関車 EF66 

まもなく50歳、最後の40歳代もあとわずか・・・年を取るともうあまり面倒なことはしたくなく、中国はもちろん「鉄」すら勘弁の状態です。一番の原因は「撮りたい被写体が無い」に尽きる!馴染みの国鉄ガマが生き残っていても、訳の分からない変な塗装で昔の面影はないし、更新機や新型の登場でもう私の記憶に残っている機関車は皆無ではないだろうか?
さて、やることが無くなると最後は「お寺巡り」の通説どおりの展開なのか、昨年から4年間住んでいた京都に嫁さんと通っています。京都に学生時代下宿していた時は、京都観光など全くせず、東海道本線の山アや山陰本線の保津峡ばかり通っていたような気がします。今思うと嵐電や叡山電車、地上ホーム時代の京阪電車などもっと撮っておけばよかったと思いますが、やはりお寺や私鉄電車より当時は機関車だったのでしょう。
さて、京都は市内に入ると渋滞するので、私はいつも草津駅周辺の安い駐車場に車を止め、JRで京都に出ます。本当は車でも行けますが、昔の血が騒ぐのかJRに乗りたいのです。なぜか?実は東海道本線の貨物列車によく遭遇するからです。そのなかでもEF66をよく見かけますが、残念がら100番台が多く、なかなか原色唯一の27号機には出会えません。そもそも原色EF66など昔は当たり前のように走っていた機関車ですが、もう時代は違いますね・・・
そこで、私が最も好きな機関車で、今でも一番カッコいいと思っているEF66を特集してみました。古い写真には901号機や初期型などたくさんありますが、特に珍しくもないので、ブルトレ牽引で一番輝いていた時代のEF66を選んでみました。

Nov/1990 三島〜函南  朝日を浴びて東京を目指す「あさかぜ」  Canon newF-1+NFD300mm/2.8L T-MAX100

Feb/1987 根府川〜真鶴  EF66はこの角度が一番カッコいい! PENTAX67+SMC500mm/5.6 T-MAX400

Feb/1987 三島〜函南  ブルトレ定番撮影を行く3号機   PENTAX67+SMC165mm/2.8 T-MAX400

Sep/1990 掛川〜菊川  「みずほ」を牽引する40号機   PENTAX67+SMC165mm/2.8 T-MAX400
(EF6640号機は、ブルトレ牽引機の中では最若番で、もっとも早く1995年に廃車第1号となったカマです)

Aug/1990 柏原〜近江長岡  パンタグラフが更新された31号機  Canon newF-1+NFD85mm/1.2L T-MAX100

Nov/1990 三島〜函南 丸型でない「富士」のヘッドマークも今は過去帳 PENTAX67+SMC200mm/4 T-MAX400

May/1987 早朝の山陽本線・小郡付近を快走する幻の「赤富士」マーク PENTAXMEsuper+SMC200mm/2.5 PRESTO400

Feb/1987 根府川〜真鶴  この真鶴ポイントも今は背景にマンションが建ってアウト PENTAX67+SMC500mm/5.6 T-MAX400

Nov/1990 三島〜函南  EF66が電機の中でナンバーワン!  Canon newF-1+NFD300mm/2.8L T-MAX100

Mar/1980  山崎〜高槻  マンモス電機の元祖はやはりブラック塗装のEH10! PENTAX K2+SMC135mm/3.5 Tri-X

TopPage