Gallery3
 VOL-18
                            
古都の電車たち 叡電・嵐電

大学生の頃、私は京都に4年間下宿していたので、鉄活動も東海道本線の山崎や旧山陰本線の保津峡、旧福知山線の武田尾、そして、山口線のC571と当時は西日本の国鉄ばかり日々追っていました。
その頃の京都には、叡電や嵐電は言うに及ばず、今は地下を走っている京阪本線も地上の鴨川沿いを走っており、さらに京阪京津線も京阪三条まで来ていた。今思うとおいしい被写体たちだが、残念ながら私鉄や電車など当時眼中に無かった私は全くと言っていいほど撮影していない。かろうじて叡電の古豪デナ21形や京阪本線の地上時代はフィルムの消化作業で撮影してあったが、京阪京津線の車輛は当時でも新らしい車輛だったので全く撮っていないし、古い車輛ばかりだった嵐電も乗っているのに撮っていない(撮った記憶がない)。
あれから30数年が過ぎ、京都は地下鉄も充実して当時の面影はないが、再び寺院巡りで毎月のように訪問している私はやっぱり京都が好きなんだろうと思う。今はカミさんや娘たちと一緒に行くので、鉄はご法度だが、行先を工夫して叡電や嵐電に乗れるように行程を組んでいます(ささやかな抵抗!)。特に嵐電は旧型のモボ101形やモボ301形が今も活躍しており、出会う機会が少ない原色(クリームとグリーンのツートンカラー)のモボ103(102は昨年塗装変更された)と幻のモボ301に会いたくてわずかのチャンスに期待して訪れてます。なかなかモボ301は出会えませんが、観光と鉄の両立が可能なので、家族連れ鉄ちゃんにもお勧めです。
※モボ103やモボ301を真剣に撮るなら、朝夕のラッシュ時や大型連休時に狙いを絞って定点撮影ですね。


追憶のデナ21形・デオ600形 叡山電鉄


May.1985  新緑の鞍馬線・二ノ瀬駅で交換する1928年鞍馬電気鉄道製デナ122と当時は新型のデオ605


May.1985  鞍馬線・市原〜二ノ瀬を行くデナ23+デナ24 共に1929年京都電燈が新製したデナ21形


May.1985  デナ21形が活躍した古き良き時代、もっと撮影しておけば良かったと後悔しきり・・・

京福電気鉄道 嵐電


May.2017 太秦広隆寺  嵐電は今も旧型車両のモボ101形やモボ301形が活躍中で楽しめる


May.2017 太秦広隆寺  嵐電のエース車輛であるモボ301、1971年製で今も旧塗装のまま活躍している


May.2017 太秦広隆寺  嵐電の名撮影ポイントを行くモボ623、近代的で面白みに欠ける今の主力


May.2017 帷子ノ辻  モボ101形は103だけ原色で他は塗装変更されているが何と105はパトカー塗装!

  Back