Gallery3 VOL3

北勢線の200系(旧三重交通カラー塗装)を撮ろう

現役ナロー路線として有名な三岐鉄道・北勢線の歴史は古く、2013年には開業100周年を迎えた。
この長い歴史の中で会社は何度も変更されながら今まで奇跡的に存続してきた貴重な路線だが、多くの車両は近鉄時代の近代化に新製された1970年時代のもので、それより古い車両は大半が原型を留めないぐらい改造されながらかろうじて生き残っている。残念ながら名優220系は1992年に全車引退し、終点の阿下喜駅に隣接する「軽便鉄道博物館」にモニ226が一両保存されているのみだが、1959年に登場し、ナロー時代の三重交通・湯の山線の4400系として活躍後、北勢線に転属してきた珍しい3連接車200系は今も原型を留め健在だ。そのような200系(ク202+サ101+サ201)だが、2013年に北勢線開通100周年を記念し何と三重交通時代のカラーに変更され、2014年には動力車モ277まで同色に変更された。
近鉄時代の深い赤、オレンジのツートン、三岐時代になってからの黄色と見てきたが、この三重交通カラーは実に素晴らしい。いかに塗装が重要かは鉄ちゃんならよくわかっていることだろう。今なら4両編成が美しい三重交通カラーで北勢線を走っています。そんな車両を是非とも見たく、実に23年振りに北勢線へ2015年5月2日に訪れたのでご紹介します。
なお、私も未だに銀塩モノクロ現役組ですので、200系に負けず今後もデジタルには移行しませんよ!

撮影 :2015年5月2日  LEICA M4+SUMMILUX50mm/F1.4+M-ROKKOR90mm/F4  ACROS+1(ISO200)


とにかく初めて来たら定番の「めがね橋」はまずは撮っておきたい本命ポイント 麻生田〜楚原


穴太(あのう)駅から徒歩1分!ここから「めがね橋」への追っかけも可能    穴太〜東員


名古屋のベットタウンとして宅地化が進むが未だに田園風景も数多く残っている    七和〜穴太


今にも名優220系が走ってきそうな風景、23年前と何も変わらない!   麻生田〜楚原


220系の頃によく通ったマニアックな場所だが立派な踏切が出来ていた   大泉〜東員


夕方の斜光線がお勧めの場所、「めがね橋」から西へ徒歩2分   麻生田〜楚原

撮影ワンポイント

 ナローゲージに慣れていない人が撮影すると、決まって左側に空白が多くなっていることが多い。理由は普通の車両よりかなり小さいので編成の長さを誤ってしまうためだ。「これでは尻が切れてしまう!」ぐらいの切り取りで丁度良く、バランスの良いアングルに心掛けてください。
 次に撮影シーズンですが、車両が走っている限り秋から冬季に限ります。一番ダメなのが今回のように夏至の前後である5月〜7月、理由は太陽の位置が高く、台車に光がほとんど当たらず、早朝か夕方に限られてくるため、名所での光線状態が良くありません。一級ポイントの「めがね橋」築堤で完全順光かつ太陽の位置も低い条件が揃うのが1月〜2月の8:30〜9:30ぐらいなので、冬季のこの時間帯を走る列車に200系が入ってくれれば最高の写真が撮れると思います。ただ、昔の220系のように決まった定期運用があれば狙いも絞れるのですが、どうもこの200系には決まった定期運用がないようで、ランダムな運転パターンのようです。よって、どのパターンで来るか全くわかりませんので、自分でダイヤを作成し、日中の運用を把握できるように工夫した方が良いと思います。特に楚原で折り返し運用もあるので、そう何回も「めがね橋」まで来てくれませんから、本命ポイントで狙いたいなら「来るまで待つ」作戦が良いかと思います。
 なお、これは220系の撮影で当時涙を飲んだ方も多いと思いますが、定期的な検査のため、ある日突然運用から離脱し、車庫に入ってしまうことがあります。また、途中で車両交換となり本命が来るはずで先回りしていたら違う車両が来た何てこともあり得ますから安心は禁物です。でも、そのような日に運悪く当たってしまっても近くの三岐鉄道や四日市のDD51、同じナローの「四日市あすなろう鉄道」に直ぐ行けますからご安心を!


  Back