Gallery3 VOL-7      追憶 「野上電気鉄道のオールドタイマーたち」  全10ページ
 かつてJR紀勢本線の海南駅に接続する時代を超越したローカル私鉄があった。それが今回特集する「野上電気鉄道」である。
 実は1989年の初訪中時、長春で蒸気機関車を撮影していた時、偶然に出会った東京のSさん、聞けば生粋の私鉄電車マニアで、当時の私が最も苦手とするジャンルのお方(笑)。では、彼はなぜ現役の蒸気機関車を撮影しにきていたのか?とツッコミを入れたくなるが、真相は北京からロシアを経由してヨーロッパまで行く旅の途中で、旅行社にリクエストして長春の路面電車を撮影するために立ち寄ったのだそうだ。よって、彼にとっては中国の現役蒸気機関車は路面電車のついでであり、勝利型や人民型は前進型と同じ扱いなのだ。それより、私の住んでいる東海地方の名鉄や近鉄の方がよほど気になるらしく、帰国後も連絡を取り合った。
 そのような付き合いがきっかけで、私も苦手な私鉄や電車に対する知識や興味も増え、Sさんと一緒に名鉄や近鉄、国見山石灰鉱業、一畑電鉄、日立電鉄など撮影させてもらった。
 そんな私にとって私鉄の師匠でもあるSさんが「絶対にお勧め」と太鼓判を当時押していたのがこの野上電気鉄道だった。確かに紀勢本線や阪和線へEF58やEF15、ED60などを撮影に行っていた頃に、海南駅の横に古い車庫があって小さな電車があったような記憶はあるが、私鉄や電車など眼中に無かった頃なので全く無視・・・私はSさんと出会ったおかげで大きな獲物を逃がすところだった。
 さて、野上電気鉄道の魅力は何か?と聞かれたら「全てだ!」と答えるでしょう。大正生まれで5枚窓を持つ元阪神604のモハ24、三角帽子のテールライトが魅力のモハ23、明かり窓がオシャレなモハ31と32、クハ101、富山地方鉄道からのやってきた昼間の主役デ10形などなど個性豊かな電車たち。また、それに見合った古めかしい車庫に駅舎、木製の傾いたポール、沿線の風景、全てか完璧だった。
 しかし、時代には逆らえず1994年3月31日に廃線となってしまったが、Sさんとの出会いで廃線前に撮影できたのはラッキーだった。
 「食わず嫌い」とはよく言ったものだ。撮ってみなければ本当の価値も見えてこない。それこそ函館本線の復活C623が健在だった頃、熱心に通っていたマニアに「中国の蒸気は動輪が赤くて不恰好、そんな旅費出すぐらいなら北海道へ5回行ける」などと言われたことがあるが、前進型を見たことがない奴がいくら言っても戯言に過ぎん!

   ”旬の前に撮っておく、これ鉄の基本なり”・・・ 羊肉
Go to Gallery

Back