包神線の沙沙格台から東勝までの2区間は勾配がきつく、奥地から長大編成で運ばれてくる石炭貨物を有効に運搬するため、1998年5月から南岔で見られたような前進型重連+貨物+前進型の変則三重連運転が開始された。
 この区間のメインは4つのコンクリート橋で特に第一橋梁と第三橋梁に人気があり、第一橋梁については訪問したすべてのファンが絶対に撮影している超有名ポイントである。
 しかし、これら橋梁メインの区間にあって私が好きだったポイントがこのS字カーブである。場所的には第二橋梁から第一橋梁に向かう途中になるが、なかなか納得の写真が撮れない場所でもあった。
 まず、通常列車の交換が行われる敷包溝では上りの変則三重連貨物の通過を優先(出発が困難なため)して先に下り列車が駅で停車し、第三橋梁過ぎからのレベル区間を利用して猛然とダッシュしてくる上り貨物は駅を通過するのが常である。こうなるとさすがに前進型3台のパワーは凄く、かなりの速度でそのままこのS字カーブにやって来る。その結果、爆煙は期待できず、速度も速いことから煙も綺麗に上がらず、それに加えて光線が良くなる夕方は風が強くなって煙が手前に流れるなど条件的にも非常に厳しい場所だった。
 この写真はその中でも最も決まった一本!まず、列車の通過時間が14時30分頃で光線状態が最も良い(これ以上遅くなると手前の木の影が線路にカブってくる)時間にやって来て、適度に残雪もあったのでロケーションの条件としては最高だ。そして、さらにこの列車は下り貨物が遅れたため敷包溝で停車した。風もこの日は午後でも弱く、駅を出発した前進型の変則三重連はもの凄い爆煙を上げながらS字カーブにやってきた。心臓がバクバクしながら「頼むから変な場所でブローオフしないでくれ!」と祈りながらペンタ67とEOS-1NHSを回した思い出に残る一枚である。
2000年 1月21日 包神線 敷包溝〜東勝
Canon EOS-1NHS+EF70-200mm/2.8L
FUJI PRESTO100(D-76 1:1希釈現像)
               Back         Next>>