中国の蒸気機関車撮影で何が一番難しいかと聞かれたら私なら迷わず「夜のバルブ撮影」と答えるだろう。
 しかも、そのバルブ撮影と言うのは機務段での撮影であり、本線上を営業走行している列車のバルブはそもそも眼中に無いのだ。言い換えれば限りなく無理なのである。
 思い出しても蒸気が現役で走っていた当時の中国は夜になると出歩けないぐらい田舎町は暗い。しかも、大勢の人が利用するであろう駅も待合室を一歩出ればホームは真っ暗である。機務段であれば24時間入れ換え作業等もあるので、申し訳程度に水銀灯や電燈が暗い蒸気を運よく照らしてくれることもあるので撮影可能な場合も多くあったが、列車を牽引している蒸気を駅でバルプできた経験は訪中20年の中で多くはない。
 この写真は、蒸気列車を「まともに」駅でバルブ撮影できた貴重な一枚である。
 先にも書いたが中国の駅構内は真っ暗である。しかし、この元宝山の西駅はなぜが強烈な水銀灯が駅構内に多く、中国で最も蒸気のバルプに適した駅であったに違いない。
 この日は、いつもの混合列車の貨物が付かず、まるで建設型の旅客列車のような仕立てに「思わず興奮」して水銀灯のある反対側から撮影していたが、あまりにもサイドの光線が綺麗過ぎて逆に不自然・・・そろそろ出発の時間が来たのでこのまま見送ろうと思っていたら、上りの建設型貨物が入線してくるのが見えた。私はとっさにサイドの光線が悪い反対側に移動して、入線する建設型のヘッドライトがカマの前面を照らしてくれるのを期待し、ついでに変化をつけるためライト流しを入れてみた。
 たった一枚勝負の一瞬であったが、蒸気牽引の旅客列車を駅でバルプ撮影できたお気に入りの一枚である。
2004年12月29日 元宝山礦務局専用線 西駅
LEICA M6TTL+ズミクロンM50mm/2
FUJI ACROS100(D-76 1:1希釈現像)
 <<Prev         Back       Next>>