モノクロ写真の醍醐味は「粒子と焼き込み」にあると思っています。言い換えると、デジタル画像をモノクロに変換したものは「モノクロ調であってモノクロ写真ではない」と言うことです。
 具体的に説明すると、デジタルカラー画像をモノクロに変換した写真は「粒子が見えずトーンが美しすぎる」ので、本物の銀塩モノクロ写真に比べ「非現実的写真」に見えるのです。
 例えば、モノクロで車両に露出を合わせると必ず白煙や空の部分は露出オーバーとなり、下手な業者現像で仕上げたネガからは絶対に満足なプリントは得られませんし、例え自家処理でレンズも考慮して撮影してもそのままストレート焼きで蒸気から白煙までネガに映っているすべてのトーンを出すのは不可能。それがデジタル画像ならボタン一つで簡単にモノクロ変換できてしまうのです。
 そこで、実際に「粒子と焼き込み」による銀塩モノクロの真骨頂がどのようなものか一枚の写真を選んでみました。
 場所は前進型の旅客列車が多く走っていた双鴨山の専用線なんですが、このツアーが蒸気ガイド初めてのセンチョクトさんを早起きさせて、朝の31次を撮るべくポイントに向かっていたら煙が向かってきた。時間的には貨物しか考えられない。しかし、どう考えてもポイントまでは間に合わない。
 そこで、「モノクロの味」に勝負を賭けて、広角レンズを装着して逆光後追いで撮ってみた。頭の中には常にプリント作業を考えているので、ポジならシルエット効果で絞るところを逆に開けて露出オーバーで撮影した。当然、ネガは黒く露出オーバー気味になるわけだが、ここには狙いがある。ようするに、ネガにトーンがある限り必ず「焼き込み」で出せるからだ。そして、決まってこのような露出オーバーの焼き込みは粒子が目立ってくるので、絵画的な独特のトーンとなる場合が多い。
 デジタル画像でエフェクトしても出せますか?
2001年10月22日 双鴨山 長安〜秀頂山
Canon EOS-10QD+EF28mm/1.8
FUJI PRESTO400(D-76 1:1希釈現像)
               Back         Next>>