先の写真で「粒子と焼き込み」について書きましたが、今度は35mm判の限界挑戦について書いてみたいと思います。
 私は高校1年生の時に買ったペンタ67を長年メインで使ってきましたし、中国も2000年1月のツアーまで使ってきました。もちろん画質の良さが目的だったのですが、中国蒸気撮影に関しては連写ができない、極寒地でフィルムの平面性が狂う、現像が面倒・・・特に蒸気機関車のように煙の形は刻々と変わるは突然ブローオフするわで、三脚に単レンズ固定で一発勝負する67判は非常に分が悪いと思っていました。そんな時、キャノンEF70-200mm/2.8Lに出会ったのです。
 元々は子供の撮影用に買ったレンズだったのだが、鉄道を試しにモノクロで撮ってみたら画質とトーンの良さに驚いた。「これ、ズームレンズやろ?」
 そこで、67判と決別すべくEOS-1NHSと増備した新型のEOS-1VHSの2台体制で初めて訪中したのが2000年12月の包神線ツアーである。
 結果はPRESTO100の素晴らしい粒状性とトーン再現性、それに応えてくれるキャノンEFレンズ群。私はこの仕上がりに満足して67判と決別した。
 そこで、このツアーから一枚選んでみたのがこの写真です。場所は最も好きな通称「第三橋梁」、このツアーの前に一度この地を1月に訪れているが、この時は朝の良い時間帯に変則三重連が一本も来ず、結局一番撮りたい場所で撮れなかった悔しい場所でもある。
 しかし、今回は天が微笑んでくれた。撮影地の丘に上がると朝日と共に沙沙格台方面から煙が上がり、やがて後補機を連結した長大石炭貨物は美しい煙の形を残しながら第三橋梁へやってきた。
 「おおお!ハイデフが前補機やんか!」朝の斜光線をハイデフに浴びながら見事な煙で通過していった。通過後、ホテルで新品フィルムを入れたカメラは既に36枚を表示して停止していた。
2000年12月7日 包神線 沙沙格台〜敷包溝
CanonEOS-1VHS+EF70-200mm/2.8L
FUJI PRESTO100(D-76 1:1希釈現像)
 <<Prev         Back       Next>>