通常「お立ち台」と呼ばれる名ポイントは中国にも多数存在し、この第一橋梁も一級の「お立ち台」であったのは間違いないだろう。
 このような「お立ち台」写真は世界各国のファンが撮影しており、それこそ雑誌やHPにも多数出ている。鉄の本性からして「お立ち台」を外して他のアングルだけ撮って帰国することも考えにくいので、包神線の変則三重連区間に撮影行脚したファンなら100%このアングルで写真を撮っているはずだ。
 一方、「お立ち台」であるが故に、アングル的には理想的な場所として保障されているが、必ずしも満足できる写真が撮れたかどうかは被写体が蒸気機関車である以上断言できない。これがDLやELだったら天気さえ良ければ間違いなしだろうが、相手は蒸気!そう簡単には理想を叶えてはくれない。
 この第一橋梁に関して言えば、撮影時期は冬季、列車の通過時間は12時〜15時、天気は晴れ、変則三重連、風は無風かやや西風の条件で目的はほぼ叶えられる。しかし、より完璧を求めるとしたら列車のスピードも関係してくる。
 ここはお立ち台の高さがこのレベルなので空の空白部分がどうしても多くなる。煙が高く上がればバランスが取れるが、通過速度が速いと煙が編成にそって流れ、例え列車に被らなくても空の空白が目立ってくる。そうなると必然的に敷包溝駅に変則三重連が停車する列車が断然有利だ。
 そこで、実際私の場合はどうだったのか?と言いますと、一回目は煙が手前に流れシャッターすら切らず。二回目は第三橋梁からの追っかけでギリギ間に合うもレンズ交換できず標準レンズで撮影。三回目は二回目に撮影した列車の煙が良い方向に上がっていたので、次は成功すると確信し、追っかけせずに次の列車を待って一発勝負した。
 結果、雪晴れの素晴らしい条件も加わり、この一発で第一橋梁撮影から解脱できた。
2000年1月20日 包神線 敷包溝〜東勝
PENTAX67+SMC165mm/2.8
KODAK T-MAX400(D-76 1:1希釈現像)
               Back         Next>>