この写真は記念すべき第一回訪中時のもので、名目は一回限りの「大学卒業旅行」のはずであった・・・しかし、私は撮影初日の白銀西で衝撃のブローオフと出会う。そして、以後20年、カミさんや子供の冷たい視線を浴びつつ訪中することになる。
 当時、中国の情報はインターネットが無かったのと、訪中しているような変わり者(笑)が少なかったので、正常な蒸気ファンなら復活したC623を求めて渡道するのが正しい鉄の道であった。
 しかし、私が当時から入会していたRSECにはこの変わり者が既に数名おり、毎月発行される会員向け会報「タブレット」に度々訪中記事を載せていた。その影響もあって「地球の歩き方の延長線で現役蒸気は撮影できる」みたいなノリで大学の卒業旅行は無理やり訪中させられていたような雰囲気がある。被害者である私も某会員から「訪中する」とは言っていないのに、鑑真号(上海行きの船)のパンフレットやお手軽中国撮影ガイド、場合によっては訪中している会員から下宿にエアメールで撮影ガイドが届いていた。
 結局、89年1月に罠にはまった私は単身で鑑真号に乗ってしまった。本当ならC623とDD51北斗星をもっと撮ろうと考えていたのに・・・
 でも、今となってはこの極悪会員に感謝しなければならない。この先人たちの貴重な情報がなければ絶対に個人レベルで訪中は不可能だったと思う。さもなければ当時50万円コースの訪中ツアーに参加するしか手段はなかったのだから・・・
 そして、苦労の末辿り着いた包蘭線・白銀西の丘。訪中撮影5本目となる前進型重連の蘭州方面行貨物がやってきた。やや小雪が舞う中激しいドラフトが黄土の山々に響く。「さあ、撮影ポイントだ!」とシャッターに集中していた時、突如当時夢のシーンと言われていた力行ブローオフをやり始めた。それも長い長い!我夢中、そして人生崩壊成り・・・
1989年 2月7日 包蘭線 白銀西〜后長川
PENTAX67+SMC165mm/2.8
KODAK T-MAX400(D-76 1:1希釈現像)
 <<Prev         Back       Next>>