私が中国の現役蒸気へ魅力を持ったのは、自分が入会しているRSEC(鉄道資料交換会)の会報である「タブレット」に諸先輩方がレポートを書いているのを時々見ていたからである。
 そもそも大陸へ現役蒸気を撮りに行くなんて、当時の鉄道雑誌に広告が載っていたツアーに参加するぐらいしか方法はなく、それも40万円程度というとんでもない高額の費用で到底無理!
 しかし、RSECの諸先輩方は「地球の歩き方」の延長線上で訪中していて、いかに安く撮影するためのノウハウを次の者へと公開してくれていた。
 そのような個人訪中撮影の突破口を開いた会員の方々が競って狙っていたのがブローオフであった。日本の蒸気しか知らない私にはブローオフがどのようなものか知る由もないが、通常ブローオフは蒸気圧が不要になる絶気区間や駅構内で派手に吹き出す行為らしい。しかし、まれに力行中にブローオフをする時があり、これが撮影アングルでバッチリ決まれば究極のカットと崇められた。そして、その究極の究極と言われるのが、力行中の両側同時ブローオフ!ブローオフは機関士と助手席側の両方にバルプの操作レバーがあって、日本の「特雪」のように、障害物の方向によって左右どちらからでも出せることが可能である。しかし、駅構内ならともかく、蒸気圧が必要な力行区間で2人が同時にレバーを操作して、それが自分の狙ったアングルで行われるという宝くじ的な要素が揃わないと生涯撮れない夢のカットなので、よほどの幸運がないかぎり狙っても撮れない夢のシーンと伝承されていた。
 時は2004年1月25日、その夢のシーンはついにやって来た!!!気温−27℃、福興城を出発した前進型重連の石炭列車は爆煙と共に橋梁へ、そして、シャッターを押し始めた瞬間、左右に轟音と共にブローオフ!これぞ中国鉄が夢見る夢の最高シーンを大好きな准東鉄路が叶えてくれた。
 余談だが本務機までブローオフやってますよ!
2004年 1月25日 准東鉄路 福興城〜海子塔
Canon EOS-1NHS+EF70-200mm/2.8L
FUJI ACROS100(D-76 1:1希釈現像)
               Back         Next>>