1994年のツアーはRSEC会報にレポートがあった承徳の変則三重連と昨年のツアーで旅行会社が手配間違いをして門前払いを食らった鞍山製鉄所(本当に製鉄所の門まで行ったが、許可を取得した時間が間違っていて入れてもらえなかった)と決めていたが、この両者は距離があり、途中にもう一か所撮影できないものかとアメリカ航空局の地図TPCを眺めていた。その時、建平と呼ばれる町で鉄道が3方向から交差している場所を見つけた。当時はまだ承徳近辺の国鉄線でも前進型が走っていたので、この辺も蒸気なのではないかと思った次第。
 しかし、情報が全くないので、とりあえず北京の旅行会社へこの地に蒸気が走っているかどうか確認させたところ、朝陽のCITSから回答がきたらしく「ほとんどの列車は蒸気機関車ですが、観光もするなら朝陽の方がお勧めです」と・・・これが後に話題となった叶柏寿とのファーストコンタクトだった。
 承徳でたっぷり変則三重連を堪能した私は、承徳の美人ガイドと駅で別れ、瀋陽行の夜行列車に乗り、建平(駅の名前は叶柏寿)へ向かった。
 当地でのガイドは情報を送ってくれた朝陽CITSで、撮影に使う車も私の希望を叶えたのかチェロキージープ。なぜがガイドと運転手以外にも1名CITSの上司が同行していたので理由を聞くと「蒸気機関車の撮影手配は我が社で初めてで、どのような方なのか見てみたかった」からだそうだ。
 ここに滞在予定は2日間だったので、3本ある路線の中から本数が多いと判断した赤峰方面と錦州方面を2日に分けて撮影した。
 朝陽CITSや運転手は蒸気撮影に同行するのが初めての割には協力的で、撮影に不満がでることなく、国鉄線を走る無名の撮影地をたっぷり堪能して、最終目的地の鞍山へこの地を後にした。
 やがて、この地は「叶柏寿」として知られるようになり多くの中国鉄が訪れる人気の撮影地となった。
1994年12月24日 錦承線 公営子〜波羅石
PENTAX67+SMC90mm/2.8
KODAK T-MAX400(D-76 1:1希釈現像)
 <<Prev         Back       Next>>