雪と蒸気は永遠の組み合わせのようなもので、日本の各地で現役時代に写されたそれらモノクロ写真は私にとっては夢の写真であり、10年早く生まれたかったと悔やんでも戻ってくるわけでもない。
 特に私がその中でも好んだ写真は、雪晴れの常紋や狩勝などと言った雪のロケーションと爆煙の共演ではなく、降りしきる雪に機関士が身を乗り出して運転するキャブの激闘シーン。豪雪地帯を走る名寄の9600とか本当にシビれる名作を数々見た。
 では、中国に行くようになってこのようなシーンが簡単に撮れるのか?と思えばこれがなかなか撮れないものなんですね・・・人気の西域などはロケーションこそ抜群だが雪はほとんど降らないし、結構雪が降る吉林省の通化や渾江は非常に日本的で「本命」的な場所ではあるが、ここは建設型で狙いの前進型ではない。じゃ、東北地方の極寒地で前進型が走っている所なら簡単では?と考えるが、今度は降雪量が少なく、あまりの寒さに積もっても風で飛んで行ってしまう・・・私が思い描いている「降りしきる雪に身を乗り出して乗務する前進型の機関士」はなかなか巡り会えないのである。
 1993年12月28日、爆煙で有名な南岔に到着した私は前進型の垂直爆煙に酔いしれた。しかし、雪は全くなく、枯れた大地は「やはり・・・」の光景。
 ところが、翌29日は朝から雪!それも結構降っているし積もっている!!!柳樹から前進型の3台運転が3本続けてやっては来たが、私の本命は南岔からやってくるバック運転の後補機。なぜなら、バック運転故に機関士は身を後ろ向きに乗り出して運転するので、雪の降る角度と機関士の視線がクロスして画になるからだ。それも、構内の入れ換えではなく本線上でのシーンになるから条件は完璧である。こうなるとペンタ67はお払い箱で、機械式のキャノンF-1NにPRESTO400入れて激写!馬鹿デカいモータードライブMFの甲高いモーター音が前進のドラフト音と雪の南岔でシンクロする。
1993年 12月29日 南烏線 南岔〜柳樹
Canon F-1N+NFD85mm/1.2L
FUJI PRESRO400(D-76 1:1希釈現像)
               Back         Next>>