中国のナローゲージでは非常に珍しい1000mmゲージを採用し、ドイツ製のコッペル改造機が活躍していた山東省の西河煤鉱専用線は、中国でも特に貴重な路線として人気があった。途中にサミットらしき急勾配区間があり、割れんばかりのドラフト音は今も記憶に残っているほどだ。C2型の歯切れ良いドラフト音とはまた違う独特のもの。ビデオで撮影しなかったのが悔やまれるが、写真だけでも残せたので良しとすべきかな・・・。
 この煉瓦作りの家はサミットを超え、しばらく田畑を走った先にあり、基本的には下り勾配の場所である。沿線はこれといった場所があるわけでもなく、機関車が珍しいのでそれだけで十分と言えばそれまでだが、ドイツ統治時代を感じさせる煉瓦と「ABC」の落書きはこの地方の歴史と機関車を考えると「ここしかない!」と思える唯一の場所でした。
 しかし、ここは下り勾配、何度か追っかけてはこの場所で狙うも当然スカ!逆の返しは煙こそ出るがバック運転・・・イライラが募る場所である。
 じゃ、何度トライしても結果は同じか?と考えるとそこは中国、何が起こるかわからない!この写真も民家の手前で一旦停止し、再発進してくれた列車を撮った一枚である。真夏の山東省、気温は30度を超え極めて熱い、この煙は天の恵み?とも言えようか非常にラッキーであった。
 この路線では、朝から夕刻まで車で追っかけながら一日を楽しみ、机務段にも3回訪れました。非常に職員も友好的で「もう一度冬季に行きたい」と思った路線でしたが、数年後には廃線となり、貴重なドイツ製蒸気も消息不明となりました。
 現地の関係者が「もう一か所同じ機関車が走っている別の路線がある」と山東省のある町を教えてくれましたが、ナローが本命ではない私にはもったいない情報でしたね。もし、行っていたら別のドイツ製蒸気がいたかもしれない。教えられた場所が辺鄙な場所だったので・・・
1998年 9月18日 西河煤鉱専用線
LEICA M6+AVENON28mm/2.8
FUJI PRESTO400 (D-76 1:1希釈現像)
 <<Prev         Back       Next>>