M6 Classic Silver Finish  

(解説)
何の変哲もないごく普通のM6クラシックだが、内部はM6ビックネームのメカが入っており、管理人が素人分解と調整で使える状態まで復活させた一台である。
シャッターの調子も感触も非常に悪く、遮光用のモルトも劣化し、ファインダーも曇っていたが、分解工具を買って分解し、悪い箇所を素人なりに調整しながら、露出計も含めて修理した。M6は分解するのに貼革を剥がす必要があったので、純正を捨てて、M3時代の古いバルカナイト仕様に自分で張り替えた。こうなると、赤のライカロゴも気になってブラックペイント化、更に名古屋の中古カメラ市で仕入れたカナダ製ライカビットを調整して装着した。こうなると更にクラシック感を強めるためにフォクトレンダーのVCメーターUを装着し、レンズも旧タイプのズミルックス50mmで決めてみました。
このライカは一般仕様で、旅行や簡単な撮影に使っているが、メカは絶好調になってきた。
なお、張り替え用の革は、カメラ用補修材専門Aki-Asahi.comさんで購入した。ほとんどのM型各タイプの革が揃っており、値段も2400円と格安であるうえに、カッティング技術も素晴らしく、非常に簡単に作業が終了する。特にMPの新品革はシボが細かく、嫌いな人も多いと聞きますが、このバルカナイト風に張り替えれば、MP6仕様に早代わりします。
Back