Selection -静寂-

蒸気機関車の魅力は煙をモクモクと噴き上げ、割れんばかりのドラフトを響かせる力闘シーンだけではない。
人間の喜怒哀楽と同じように時には静かに佇み、時には情景に溶け込み己の存在を隠しているような静寂を感じ時がある。特に夜の機関区で佇む姿は蒸気ファンを虜にする。あまりの美しさに寒さも忘れ、いつまでもその場を離れない自分があった。また、広大な砂漠や草原をバックに遥か遠方を音もなく驀進し続ける姿はクラシック音楽のようだ。
当Selectionでは、管理人が数々撮影した中で上記のような静寂を感じたシーンをセレクトしましたが、ほとんどが内蒙古自治区で撮影した写真になってしまった。きっと迫力ある写真が撮れる場所だったからこそ静寂なシーンも印象に残ったのだろうか?


鉄法煤業集団公司鉄路(鉄法) 調兵山
Feb/2006  静まり返った調兵山駅に東関屯行最終列車の出発が近づく、凍てつく寒さにライトが灯る


内蒙古自治区 包神鉄路 東勝机務段
Dec/2000  前進型3台運転の迫力とは裏腹に夜の機関区は静けさが漂う・・・ファンは朝から夜まで狂喜乱舞!


内蒙古自治区(准格爾)准東鉄路 周家湾机務段
Nov/2003  准東鉄路の起点である周家湾は町の郊外にあり、夜の機関区は不気味なぐらい静かであった


内蒙古自治区(准格爾)准東鉄路 福興城
Jan/2004  夜の福興城駅は強烈な水銀灯があり、ISO6400増感で手持ち撮影を試みてみた


内蒙古自治区 下坑子〜経棚
Feb/1999  千載一遇のチャンス!突如現れた馬の群れに合わてくれたように列車がフレームイン!!


寧夏回族自治区(中衛) 長流水〜紅衛
Dec/1992  トンゴリ砂漠を背に遥か彼方を音もなく力闘する光景はクラシック音楽のイメージ映像のようだった


内蒙古自治区 集通鉄路 Chaganhada-Dariqiga  
Dec/2004  空気が澄み静かで美しい朝であった。内蒙古の駅名は漢字に変換できない地名が多く困る・・・


内蒙古自治区(准格爾) 福興城〜海子塔
Sep/2004 電化間近の福興城は朝霧に包まれていた。やがて静寂の白い世界からドラフト音が響いてきた


内蒙古自治区 包神鉄路 東勝机務段 
Dec/1997  車庫内で整備を受けるハイデフ前進、差し込める朝日が幻想的で静寂感を醸し出す


内蒙古自治区 東包頭
Dec/1997  包頭周辺を調査していたら古い車庫を見つけた。中を覗くとスポーク動輪のミカイが静かに眠っていた

TopPage