Made in USSR Fed2 TypeB & C 

(解説)
ライカはコスト的に覚悟を決めないとなかなかシステムとして組み上げるのは難しいが、僅かの小遣いで楽しめるもう一つのライカ道がある。それが旧ソビエト製のレンジファインダーカメラを購入し、レンズもロシアンで組み上げるシステム。
詳しく書くとこれもHPが完成してしまうので深入りは避けるが、数あるソビエト製の中で完成度を誇るのがこのFed2である。製造は1950年台半ばから60年台前半で、相当数生産されたようだ。タイプもA/B/C/D/E/Lの6タイプあり、中期のB〜Dが最も完成度が高いと思われ、人気も高いようである。
このロシアンはライカLマウントを装備しているので、ライカのLタイプレンズや国産のキャノンなどオールドレンズも問題なく使用できる。極端な話し、最新のフォクトレンダー(コシナ製)のLマウントレンズを使えば、立派に現行機種として活躍でき、しかも金属製で質感もあるので、非常にカッコイイ撮影が堪能できる。
私は、Zorki4Kをロシアンカメラとして最初に買った(レンズ付で10800円!)が、その日のうちにシャッターがチャージできなくなり、分解する羽目になってしまった・・・
次がFed5B(レンズ付7300円!)なんですが、これが粗悪で、ボディのプレス自体が歪んでおり、これでは正確なピントは得られないだろう。やっぱりロシアンはロシアンかと思っていたら、どうも雑誌でFed2が良いらしいと記事があったので、早速Fed2Cの元箱・説明書付きセット(12800円)を買ったが、これが実に素晴らしい!今までのロシアンとはまるで別物、質感も操作感も当然素晴らしく、撮影結果も全く問題なかった。これは良いと調子に乗ってもう一台Fed2B(9800円)を買って、ブラックペイント仕様に自分で改造した。内部も構造が単純なので、分解することも可能で、ライカの分解前に練習素材にも最適である。
わずか1万円前後でこの機種が買えるのだから、騙されたと思って一台買ってみてはいかがだろうか?Fed2+最新のコシナレンズが思わぬ傑作を生むと思われる。
なお、ロシア製カメラの購入篇は特別製作したページがありますのでこちらもご覧ください。
                          ↓
           2万円以下の予算で楽しむロシアンカメラの魅力

Back