MP3 LHSA Special Edition

(解説)
これは2005年10月に世界限定で1000台(ブラックペイント500台・シルバー500台)発売された記念モデルである。
このモデルを企画したのがLHSA(Leica Historical Society of America)で、世界を代表するアメリカのライカコレクタークラブである。しかし、彼らは単にコレクションのためのクラブではなく、実際にライカをガンガン使い倒すプロのカメラマンもメンバーにいることから、使って楽しいモデルをライカ社と共同で製作してきた。過去にもライカR3やM6に記念刻印を施したり、新型MPに特殊塗装であるハンマートン仕様など手掛けたが、このMP3はその決定版と言える正に夢のカメラである。そう、夢と言うからにはもっと深い意味がある。それは1956年に僅か400台程度(注:ブラック137台、クロム251台の合計388台が記録簿に残っているが、欠番やM3からの改造もあり、本物の台数は謎だ)しか製作されたなかった元祖MPの存在なくして語れない。
元祖ライカMPは、1954年に世界を震撼させて登場した名機M3に、バルナック時代にフィルム迅速巻上げ装置として開発されたライカビットをプロカメラマンの要望でM3に取り付けた特殊モデルである。外観はM3だが、ライカビット取り付け改造のため、自動復元フィルムカウンターはライカビットが取り付け可能なM2式の外付け手動カウンター(注:よくM2のパーツを流用したと書かれているが、実際にはM2の登場前に製品化されているので、M2がMPのパーツを採用したと考えるほうが正しい。しかし、実際はM3のコストダウン機M2の試作段階で設計されていた外付けカウンター機構の方がライカビットと連動改造しやすかったから、急遽これがM2の発表前に使われたと考えられる。当時のライツが本当に改造する気があれば、後のM4-Mのように、ライカビットシャフトを装着した状態での自動復元機構を十分に考えられたはずでる。しかし、試作で提供されたM3E-1、M3D1-4で不評があったらMPは変わっていたかもしれない)に変更され、セルフタイマーも省略されている。M3にM2のカウンターが装着された特殊なボディに、ライカビットMPが底に装着されたブラックペイント仕様の姿はファン垂涎のモデル。
そのようなファン垂涎のMPが中古で販売されれば価格は300万円以上で、私が欲しいブラックペイント仕様なら500万円は下らない。しかも、当時のブッラクペイントは塗料が悪く、プロ向けのカメラでもあることから、綺麗なブラックMPなど現存無しに等しい。
夢のMPを本で見つつ、M2にM3のトップカバーを改造して装着しMPモドキを製作しようと考えたり、露出計のあるM6ベースの方が良いかな等考えていたとこもあった。
そして、2003年、ライカM6TTLの発売中止のアナウンスがあって直ぐにMP6というモデルが400台限定発売され、何んとライカビットが復活生産されて装着されていた。色はもちろんブッラクペイントで、即日完売の人気ぶりだった。しかし、私は注文しなかった。なぜか?それはいくらMPの名がありライカビットが装着されていても、普通のM6系と何ら変わらない外観、特に私がMPに拘る一番の外観はM3のフォルムにM2のカウンターであるので、ここは購入を我慢し冒険しなかった。そして、MP6の発売後、直ぐに一般モデルの新MPが発売されたが、MP6の刻印類を単に省略したモデルで、全く元祖MPに通じるものがない中途半端なカメラとなった。
そして、つまらない記念モデルが乱発され、ライカも赤字が21億円と経営危機に直面している時、LHSAが凄いカメラをライカと共同で企画している噂が上がり、ついに姿を現したのがMP3であった。外観はM3、カウンターはM2式、M3初期型の吊り輪、ライカビットMPの刻印入りライカビット、そして、最新のズミルックス50mmF1.4アスフェリカルのレンズ構成を当時のクラシックデザインで再現したレンズ、更にM2と同様に、35.50.90mmのフレームが単独で現れる等もう悩むことは無くなった。たとえ、軽自動車一台買える値段であろうが、元祖MPのルックスに最新の新型MPメカを融合したMP3は絶対に手に入れたいと度胸を決めて購入した。もちろん、手に入れたのはブラックペイント!!!
(備考)
このMP3はセット販売が基本仕様だが、実はセット販売されたのは各375セットで、残りの各125セット分は海外で単品販売された。(国内正規輸入されていない)
その貴重な単品販売のライカビットを後日入手したのでご紹介します→Leicavit MP
Back