http://yangrou.la.coocan.jp/
Gallery3 VOL-19
                            
紀勢本線を駆けたDF50

2018年最初の更新は私にとって非常に思い出深い紀勢本線のDF50をアップしてみようと思います。
紀勢本線からDF50が消えたのは1980年3月1日で、もう随分昔の話になっていますが、私もこの写真を写した当時は12〜13歳!今は51歳のオッサンになっていますから本当に昔の話しですね。
紀勢本線のDF50は参宮線に蒸気機関車が残っていた頃から撮影していますが、本格的に一眼レフでモノクロ撮影したのは末期の頃です。その前は、ハーフカメラのPENや兄の一眼レフ(PENTAX SP)を借りてネガカラーで撮っていましたから、キハ81の「くろしお」とか新宮〜和歌山の非電化時代の岩代を行くDF50などはモノクロで撮影していません。
ようやく念願の一眼レフを買ったのは小学6年生の正月明け、長年貯めたお年玉で中古のPENTAX K2の50mm付(ブラックペイント)を購入し、追って135mmも追加、被写体はもちろん近所を走っていた紀勢本線のDF50で、時には夜行急行の「紀州」に乗って新鹿や波田須、紀伊長島にも遠征しました。
今までいろんな車輛を撮影してきましたが、もう一度会いたい被写体は何か?と聞かれたら私はやはりDF50と答えます。あのズルザーサウンドが脳裏から今も離れません!特に紀伊長島から名倉川橋梁に向かって登ってくる時のサウンドが抜群に良かったですね!!
まだまだプリントしていないカットが多数あり、アップしたこれらの写真も昔プリントした物なので、退職でもしたらネガをスキャンしてデジタルにするか、永久保存プリントを真剣に作成するか考えなければなりません。
デジタル vs 銀塩 本当に強いのはどちらでしょうね?私は生産がある限り銀塩モノクロでしか鉄はしませんよ!


Aug.1979  トンネルとトンネルに囲まれた秘境の地・波田須を行くDF5057号機牽引の125レ


Jun.1979  DF5021+23号機重連牽引の1194レ 多気駅


Jan.1980 DF5014号機の122レ 下庄駅周辺


Jun.1979 夏至の頃で津〜亀山でないと走行写真が撮れなかった重連貨物の198レ


Aug.1979 早朝の新鹿を通過するDF504号機牽引の4003レ特急「紀伊」


Feb.1980 紀勢本線の名所・三瀬谷の鉄橋を行くDF5032号機牽引の122レ


Jun.1979 お召列車牽引時にステンレス帯に変更された紀伊ヘッドマーク付26号機 亀山機関区


Feb.1980 大泊行のセメント専貨5191レは最後までDF50重連牽引で残った 相賀〜尾鷲


Mar.1979 津駅に停車中のDF5014号機牽引セメント専貨5196レ


Aug.1979 波田須を行くDF504号機牽引の122レ、亀山機関区で最後まで残った試作機


Aug.1979 美しい波田須の海岸線を行くDF5014号機牽引の122レ


Apr.1979 下庄〜亀山の大カーブを行くステンレス帯DF5026号機牽引の125レ


Dec.1979 名所・紀伊長島の名倉川橋梁を行く唯一の日本車輛製DF5022号機牽引の122レ



Feb.1980 下庄駅でタブレット交換をするDF504号機牽引の127レ


Jul.1979  下庄〜一身田を行くステンレス帯DF5026号機のお座敷列車 


Apr.1979 紀勢本線の撮影地でお馴染みの多気鉄橋を行くDF5024号機牽引のお座敷列車


Aug.1979 昔懐かしい腕木式信号機が並ぶ新鹿駅に進入するDF5062号機牽引の197レ


Dec.1979 紀伊長島駅に停車中のDF5058号機牽引の4003レ特急「紀伊」


Aug.1979 ロケーション抜群の波田須を行くDF5062号機牽引の1194レ(紀伊長島から重連となる)


Jan.1980 亀山〜下庄の山奥を走るDF5062号機牽引の122レ


Feb.1980 三瀬谷の鉄橋を行くDF5058号機牽引の125レ、亀山機関区のDF50最期の姿



Mar.1980 相可を行く「さよなら列車」122レ、お召列車をかつて牽引した57号機+26号機が牽引

 Back