Gallery3 VOL-4           近鉄 北勢線「追憶の220系」 全20ページ
 それは終焉近い220系にとって奇跡の花道運用だった。
 1990年、当時の近鉄・北勢線ではワンマン運転化に備え、ブレーキのHSC化改造を220系以外の車両に施していた。言い換えれば改造の予定がない220系は終焉が宣告されていたのだ。
 近鉄という鉄道会社はファンに人気の車両であっても決して保存は行わず、用途廃止後は全て解体してしまう。かつての養老線や伊賀線などのように本線運用から離脱した旧型を転属できる場があればまだよいが、北勢線は全国でも珍しい762mmのナローゲージ、転属するにも同じ近鉄が当時所有していた内部・八王子線しかなく、その筋も望めない。220系にとって解体の運命がただ待っていた・・・
 当時、220系はモ222+ク221、モ224+ク223の2両2編成が別々の運用を組み、西桑名〜北大社の区間列車に最後の余生を送っていた。よって、名所「めがね橋」を始めロケーションの素晴らしい北大社より奥地の阿下喜までは220系の非力なモーターでは運行できず、往年のように走る姿はもう撮影することが出来なかった。
 しかし、各車両のブレーキ改造が進む中、幸運が舞い込んだ。改造を急ぐあまり車両が足りなくなり、220系を阿下喜まで運用させる必要が急遽出てきたため何と2編成の220系が4連を組み、その年の10月から西桑名〜阿下喜の全区間に運行されることになった。
 基本運用は朝と夕方の列車で、光線状態のよい朝の運用を撮影するには車でないと奥地に入ることが難しく、地元の利を生かして早朝からよく撮影に出かけた。特に「めがね橋」を朝日を浴びながら登ってくる220系の4連は最高で、毎週のように通って撮影していた。私には珍しく実はカラーのポジもかなりこの220系は撮影しており何かの機会があれば活用してみたいと思っています。
 あれから23年、三重交通カラーの旧色に変更された200系で再び注目が集まってきた北勢線、ナローゲージの現役路線としてもはやそこに220系が居なくても撮影する価値は十分にあるだろう。
そんな思いも込めて「追憶の220系」を特集してみました。今の撮影地と比べてみても面白い(あまり変わっていない?)のではないでしょうか。

                  2015年5月 羊肉
Go to Gallery

Back