Gallery3 VOL-9 DD51特集

DD51を追って - A寒地仕様 篇 -

DF50が紀勢本線から去ってしばらく近所の紀勢本線では何も撮る気がしなかった。確かに旧型客車や貨物はまだまだ健在であったが、亀山機関区のDD51自体が気に入らなかった。
DD51には3つのタイプがあって、一般形、A寒地仕様、B寒地仕様と別れている。特にA寒地仕様になるとスノープラウ、旋回窓、さらにプロテクター付とフル装備で、五稜郭機関区の中にはこれに特別な補助灯が装着された三つ目のDD51がいると本で知っていた。ところが亀山機関区のDD51はどうだろうか・・・何も付いてません!特にスノープラウが非装着なのが一番許せず、一般形と寒地仕様のDD51と比べたらやはり撮る気が失せる。それぐらい一般形のDD51が嫌いだった。
しかし、今思えば、この時期は北海道から転属してきた数両の500番台(初期の半重連形)が健在で、スノープラウや旋回窓こそ外されてはいたが撮るべき価値はあったと思う。ようやくDD51の魅力に気づき本気で撮り始めた頃には狙いの500番台初期型は531号機しか残っておらず、時すでに遅し・・・
そこで、手遅れになる前に500番台のA寒地仕様を求めて高山本線、北上線、根室本線、さらには垂涎のカマである五稜郭機関区の三つ目を狙って函館本線にも出かけた。比較的近い高山本線に狙いの500番台A寒冷地仕様車がいただけにもっと真剣に訪問しておくべきだったと後悔しきり・・・案の定、直ぐに500番台(500番号台)は全国から姿を消し、三つ目のDD51も745号機を残して廃車または転属によって補助等を外され、私の狙った獲物は次々と姿を消していった。
今回の追憶Galleryは、管理人が憧れたDD51のA寒地仕様に注目し、500番台と三つ目を中心に編集してみました。

Special Version 3灯式 DD51716 篇 ←私のBest of DD51です!大画面でどうぞ!

カメラ:PENTAX67+SMC90mm/2.8+SMC105mm/2.4+SMC150mm/2.8+SMC165mm/2.8+SMC500mm/5.6 Tri-X


Jun/1986 北上機関区に並んだED7564、DD51570あけぼの、DE101128 北の機関車らしい装備が魅力的

Aug/1985 秋田機関区  男鹿線で活躍していた1号機、他のDD51とは形状が異なり特異な存在であった

Aug/1985 旭川機関区  A寒地仕様の北海道において若番に属する32号機、他にも2ケタ番がいたような記憶が・・・

Aug/1985 釧路機関区  500番台のトップナンバーである501号機、残念ながら休車状態だった

Aug/1985 根室本線 1451レ 音別〜尺別  朝霧をついて釧路機関区の若番508号機の重連貨物がやって来た

Aug/1985 根室本線 5497レ 帯広駅  釧路機関区の527号機、既に北海道の500番号台は絶滅寸前の状態だった

Aug/1985 高山本線 5967レ 飛騨金山〜焼石  真夏の昼下がり、556号機牽引の貨物列車が渓谷を行く

Oct/1984 美濃太田機関区  A寒地仕様の557号機と558号機、DD1616の存在も良い味が出ている

Jul/1986 北上線 迂9003レあけぼの 陸中大石〜陸中川尻  栄光の570号機!ヘッドマークは特別交渉により装着された

 北上機関区に戻ってしばし身内のみで撮影会、協力してくださった北上機関区の関係者様に感謝感激!!!

Aug/1985 石勝線(旧夕張線) 南清水沢〜沼ノ沢  石炭列車セキを牽引する573号機、北海道らしい専用貨物であった

Aug/1985 高山本線 5964レ 下呂〜焼石  高山本線の名所を行く587号機牽引タンク専用貨物

Aug/1985 高山本線 9903レ飛騨金山〜焼石  591号機の14系奥飛騨号、高山本線は抜群のロケーション

Aug/1985 高山本線 5966レ 焼石駅  初代ユーロ専用機は美濃太田機関区の592号機が選ばれた

Aug/1985 根室本線 1455レ 音別駅  釧路機関区の596号機、全重連型となった初期型で翌年運用から離脱した

Aug/1985 石勝線(旧夕張線) 沼ノ沢〜南清水沢  石炭貨物を牽引する613号機、釧路機関区のカマはプロテクター無し

Aug/1985 函館本線 101レニセコ 八雲〜鷲ノ巣  ニセコを牽引する五稜郭機関区の三つ目710号機

Aug/1985 長万部  A寒冷地仕様フル装備+三つ目とくればDD51ファンにとって垂涎の機関車、本当にカッコいい!

Aug/1985 函館本線 3051レ 七飯〜大沼  五稜郭機関区の三つ目716号機が大沼公園を快走する

Aug/1985 函館本線 125レ 長万部駅  旧型客車を牽引する三つ目の716号機、DD51ファン垂涎の列車か?

Aug/1985 函館本線 3051レ 八雲〜鷲ノ巣  三つ目の741号機、後に秋田機関区へ転属し補助等は外された

Aug/1985 函館本線 124レ 仁山〜大沼  旧型客車を牽引する三つ目の741号機
(KATOのNゲージに3灯式A寒地仕様DD51があるが、私はこの741号機を選びました)

Aug/1985 函館本線 3061レ 八雲〜鷲ノ巣  北海道に渡って初めて遭遇した思い出の三つ目742号機

Ayg/1985 函館本線 荷42レ 長万部駅  五稜郭機関区の743号機、プロテクターが装着されたA寒冷地仕様の完成形

Sep/1988 関西本線 弥富〜桑名  鷲別から転属してきた稲沢機関区の789号機、他に790、791号機も同僚だ

Feb/1987 高山本線 美濃太田〜坂祝  二代目ユーロ専用機791号機も転属直後は鷲別機関区の姿で走っていた

Aug/1987 紀勢本線 亀山〜下庄  ユーロ専用色となった791号機は最後までプロテクターを装着していた

Apr/1988 室蘭本線 5レ北斗星 静狩〜小幌  C623の試運転に便乗して寄り道した原色時代の北斗星

Apr/1988 室蘭本線 小幌(信)〜礼文  雄大な北海道の光景に原色DD51重連の北斗星は非常によく似合う

Apr/1988  札幌駅  原色1141号機北斗星2号と並んだ歌志内線さよなら列車、今は北海道からDD51も消えてしまった

TopPage