Gallery3 VOL-6           追憶 「国見山石灰鉱業専用線のED2」  全15ページ
 Gallery3-VOL4で特集した北勢線の220系と共に地元・三重県民として撮影に通ったもう一つの鉄道がこの国見山石灰鉱業(通称:国見山三重鉱山)で、狙いはそこで働く古典凸型電機ED2である。
 この鉄道は三重県度会郡南島町(現:南伊勢町)にあり、近くの山で採掘した石灰石を港の貯蔵施設まで運ぶ約3qの専用線であった。残念ながら鉄道自体はセントレア空港建設の資材需要の急増に対応するため、より運搬効率の良いベルトコンベア方針に変更され、2001年頃に廃線となってしまった。
 さて、目的のED2は元・南海ED5108で、1923(大正12)年梅鉢製、実はED2(俗称で2番目のEDという意味)の前にこれより古い電機がいたようで歴史も1934年開業と結構古いわけだが、いざ撮影に向かうにもお目当てのED2に会うのはそう簡単な話しではなく、最も困ったのが現地までのアクセスだ。「立地的に有利な三重県民が何を言っているのか!」と怒られそうだが、同県民でも「ここは三重県に非ず!」と言いたいぐらい当時は道路事情が悪く、正に陸の孤島のような僻地だった。この地にわざわざ苦労してやって来るのは大物を狙うベテラン釣り師ぐらいのもので、この鉄道を撮影に来るファンはほぼ皆無だった。それでも、有名な鉄道雑誌に紹介されるよになってからはファンも比較的増えたようで知名度もアップしたが、その頃はもうED2が現役引退間近で、名物の2軸鉱車(セム9型ほか)は既に用途廃止、近江鉄道から購入した4軸のセキに変わった後の頃である。そして、ED2自体も1993年中には新日鉄から購入した2両の産業DLに世代交代となり、長らく放置後、解体されてしまった。
 私が訪問したのはED2+旧型2軸鉱車の時代で、1991年12月が最後である。最初の頃は現地に行く道も分からず、いろんなルートを試したが、時には山越えの林道もアタックした。今でこそ紀勢自動車道の紀勢大内山ICから15分とアクセスも抜群になったが、もうそこにはED2も鉄道もありません。ただ、私には第二章があり、趣味の黒鯛(チヌ)釣りのため今も頻繁に訪問しています。当時、再びここに釣りで来るとは思ってもみなかったですが、私には縁があるのかもしれません。私の大物記録である黒鯛60.3cmもこの湾で釣ったものです。
 参考ながら当時の運行は原則日曜日以外の平日8:30〜17:00で、サイレン音と共に山に向かう推進運転の列車でスタートし、昼は1時間の休憩後、13時から夕方まで運転されていました。ただ、頻繁に保守点検や荷積みの関係で運休も多く、現地に行って泣いたことも多かったです。            
Go to Gallery

Back