http://yangrou.la.coocan.jp/
Gallery3 Railway Photo Notebook 2021.10/9 update

鉄道写真雑記帳-2
- 国鉄・JR・私鉄・専用線・海外 -

【No1-30】鉄道写真雑記帳-1 update 2021.8/20

 鉄道雑記帳の1ページ目が一杯になってきましたので、新ページへ移行することにしました。
 まだまだフィルムのデジタル化は作業半ばで、35mm判は量が多すぎて四苦八苦しています。一般的なフィルムスキャナーなら高解像度でスキャンすると膨大な時間が必要となりますが、デジタルカメラでフィルムを接写する方法は簡単に高解像度のデジタル画像が作成でき、モノクロ、ポジ、ネガカラー、ブローニー判、ハーフサイズ判など何でもOKなので本当にお勧めです。暇を見つけては順次デジタル化していますが、中には撮影した記憶がない車輛が写っていたり、その当時はフィルム消化程度で撮影した電車や気動車が実は希少車種だったりと常に新たな発見があり作業が楽しいです。特にプリントでは消せないゴミ、キズの修正やカラーの色補正など完成画像はオリジナル以上の完成度を誇ります。一度デジタル化すればネット上で活用するのは非常に簡単でデータ保管も楽にできます。
 それでは何が飛び出すか分からない鉄道雑記帳の第二幕ここに開幕します。

【DF200情報】DF200重連運用が登場!臨貨8075レ撮影指南-6 update 2021.10/15
【お勧め】追憶Gallery(懐かしの写真が満載!)update 2021.5/22

No-45 DD51やキハ82系が乱舞した秋の祭典・鈴鹿F-1臨
Oct.1992 紀勢本線 徳和〜多気 DD51-1037(F-1臨)サロンエクスプレス東京 PENTAX67+SMC90mm f/2.8 T-MAX400
(秋の美しい光線を浴びてユーロ専用機1037号機がF-1臨のサロン東京を牽引する)


Oct.1992 紀勢本線 亀山〜下庄 キハ82×6連(F-1臨) PENTAX67+SMC300mm f/4 T-MAX400
(F-1臨ではキハ82系が亀山経由で運転された事があり下庄Sカーブで撮影できた)


Oct.1991 紀勢本線 徳和〜多気 DD51-832(F-1臨)スーパーエクスプレスレインボー PENTAX67+SMC165mm f/2.8 T-MAX400
(稲沢機関区の原色スノープラウ付832号機がピンチヒッターで登場したファン垂涎のF-1臨)


Oct.1993 伊勢鉄道 河芸駅 DD51-1193(F-1臨)24系寝台とキハ82系(南紀)の交換 Canon newF-1+NFD85mm f/1.2L T-MAX100
(鈴鹿F-1決勝日の伊勢鉄道は大混乱!今では考えられないような列車が乱舞していた)
【秋の祭典 鈴鹿F-1臨 2021.10/9】
 今年もコロナウイルスの蔓延により中止となりましたが、この季節は鈴鹿でF-1グランプリが開催される時で、最盛期であったバブル期は想像を絶する人が鈴鹿に押し寄せ、観戦チケットはプレミアム物でした。特に鈴鹿と言えばHONDAの聖地で、マクラーレンと組んでいた時代のMP-4/4-6はアラン・プロストやアイルトン・セナといった伝説のF-1パイロットが活躍し勝利に勝利を重ねていました。そのほか日本人初のフル参戦F-1パイロットであるロータスの中嶋悟も人気があり、私も自宅からサーキットが近いので観戦に行きましたが、この時代の鈴鹿は正にカーニバル状態でした。
 当然、急増するファンに対応するため、夏の鈴鹿8耐臨を超えるF-1臨が伊勢鉄道や紀勢本線、関西本線、参宮線で当時運転されていました。伊勢鉄道では通常の車輌を増結したりJRから借り入れたり大忙しでしたが、JR側も全国からF-1観戦用のF-1臨を運転し、名古屋車輌区や稲沢機関区のDD51がF-1臨を牽引しファンを鈴鹿サーキット稲生駅まで送迎していました。
 こうなると伊勢鉄道線内は過密ダイヤとなり、運行ルートや回送方法も含め大変な事態になっていました。特にファンが注目するDD51牽引のF-1臨は、鈴鹿サーキット稲生駅で乗客を降ろしてから紀勢本線の多気駅や紀伊長島駅、参宮線の伊勢市駅まで一旦行き、待機または折り返し回送を行っていましたが、最盛期では関西本線の亀山経由で津駅から逆に伊勢鉄道へ入線する列車もありました。今思うとDD51やキハ82系など人気車輌が乱舞した正に秋の祭典でしたね。

No-44 DF200が好きになったのはDF50の存在が大きい
Dec.1979 紀勢本線 下庄〜一身田 DF50-24+旧客 127レ PENTAX K2+SMC135mm f/3.5 Tri-X
(DF50は茶色の旧型客車が似合う機関車だったが、DF200は貨物の方が似合うと思う)


Sep.1979 紀勢本線 津駅 DF50-23+24重連セメント専貨 5191レ PENTAX K2+SMC50mm f/1.4 Tri-X
(DF50の運用で特に人気があったのが、最後まで重連運用で残った5191レだ)


【今でもDF50が一番好き 2021.9/27】
 最近はDF200重連の8075レより四日市臨港線でセメント便や太平洋セメント専用線のスイッチャーを撮影する機会が増えていますが、やはり電化区間よりDLは非電化が良いですね。私は非電化の紀勢本線沿線で育ち、機関車と言えばDF50が基本なので、ボックス型のDF200が関西本線に導入された時は本当に嬉しかったです。
 面白いことにDF50とDF200は同じ仕組みの電気式DLですが、音は全く違います。DF200はタービンの音が凄いですが実に静かで、DF50は漁船の焼玉エンジンのように「ポンポンポンポン」とリズミカルでやかましい音がします。今のようにビデオカメラが一般的ではなかったので、無音の8mmフィルム映像か生録テープしか残っていません。もし、今のように高性能なビデオカメラがあれば、紀勢本線の荷坂峠や写真にもある重連5191レの津駅発車など最高の映像が音と共に撮れたと思います。
 DF200はDF50に通じるところがあるので好きですが、エンジン音だけはDF50の圧勝ですね!保存機のDF50-1ならエンジンが掛かる可能性は高いので、もう一度あのサウンドを聞かせていただけないものでしょうか?欲を言えば、未整備ではあるが屋内保存のDF50-4号機をしかるべき所に移転しレストアしていただきたい。

No-43 北上線を走った迂回あけぼのDD51ヘッドマーク付
Jul.1986 北上線 陸中大石〜陸中川尻 DD51-570 あけぼの3号 う9003レ PENTAX67+SMC200mm f/4 Tri-X(+1増感)
(早朝の北上線を行く奇跡のDD51A寒地フル装備車ヘッドマーク付迂回あけぼの)


Jul.1986 北上線 岩手湯田〜陸中川尻 DD51-570 あけぼの 単機回送 PENTAX67+SMC200mm f/4 Tri-X(+1増感)
(返しの単機回送はDD51A寒地フル装備車が似合うスノーシェルターで狙った)


Jul.1986 北上機関区 DD51-570 あけぼの PENTAX67+SMC90mm f/2.8 Tri-X
(北上機関区では職員さんのご厚意で身内のみの撮影会を実施してくれました)
【ファンの執念!DD51あけぼの 2021.9/18】
 先に紹介した台風による遅延と同様に迂回運転も奇跡を起こすことがあります。
 時は1986年、奥羽本線の橋梁工事のため特急「あけぼの」が7月2〜3日にかけ北上線を上下4本迂回するとの情報が入り、当時貨物列車の運用で残っていた北上機関区のDD51が単機で牽引することが判りました。北上機関区のDD51と言えばすべて500番台(半重連型初期タイプ)のA寒地フル装備で、この機関車がブルトレを牽引するとなれば大事件です。
 こうなると、A寒地フル装備のDD51が「あけぼの」のヘッドマークを掲げ、非電化を走るシーンを撮影したいと誰もが願望するところですが、それは夢物語で終わるのが普通の展開です。でも、RSECのH会員はこのチャンスを諦めなかった。北上機関区への交渉を手始めに盛岡・秋田鉄道管理局の協力を得、ヘッドマークと装着用のステーはRSEC製作の物を使うことで夢のヘッドマーク装着が現実のものとなりました。装着はダイヤ的に走行の撮影が可能な3日の下り「あけぼの3号」に決定し、前日に持ち込みと装着安全確認を行うことで前代未聞の企画にGoサインが出ました。
 運転当日は残念ながら曇天で、北上線の通過時間も早朝のため露出が厳しかったですが、恐らく二度とないチャンスに失敗は許されないので、ペンタ67は165mmと200mmの2台体制で片方はTri-XをISO800に増感、被写体ブレが懸念されたのでキャノンA-1にはTri-XをISO1000まで増感しシャッター1/1000で保険を掛けました。
 本運転終了後、DD51-570は横手駅から北上機関区までヘッドマークを装着したまま単機回送され、回送をスノーシェルターで撮影してから集まった7名のRSEC会員全員で北上機関区に向かいました。北上機関区では我々のために撮影しやすい位置でDD51を待機させてくれており、身内のみの撮影会を実施してくれました。このような夢の企画が実現したのも、H会員の執念と国鉄末期ながら北上機関区、盛岡・秋田鉄道管理局がその熱意に応じてくださったことに尽きると思います。

No-42 台風が奇跡を起こす!山崎を行くEF65PF牽引 みずほ
Jul.1980 東海道本線 高槻〜山崎 EF65-1112 みずほ 6レ OLYMPUS OM2+ZUIKO135mm f/2.8 Tri-X(+1増感)
(台風による影響で9時間遅れとなった「みずほ」が山崎カーブを白昼に通過する)
【台風が起こす奇跡 2021.9/17】
 台風14号が三重県にも迫ってきており、雨風もやや強くなってきました。
 鉄道ファンにとって列車の遅延は困ったもので、関西本線の8075レも遅延でよく日没後に通過したものです。しかし、逆に本来は夜中の通過で撮影できないはずの列車が遅延により白昼堂々の走行シーンを撮影できるケースもあります。特に長距離夜行列車の代名詞でもあるブルトレなどは台風によって大幅に遅延し、本来は走行撮影ができない場所で撮影できる千載一遇のチャンスが巡ってくることがあります。
 写真のEF65PF牽引「みずほ」は、本来なら山崎で走行シーンを撮影できるはずがありません。この日は、たまたま夏休みの撮影旅行で始発に乗って山崎までやってきましたが、最初の撮影ポイントであるサントリーサーブでカメラを構えて待つも貨物が全然やって来ず、「あれ?何か変だ」と感じていたら、何とヘッドマークを付けたEF65PFがやって来ました。初めは団臨?と思っていましたが、ファインダーに「みずほ」の文字・・・「ブルトレや!」と思わず叫んでしまいました。
 こうなると「さくら」も来るのかと期待しましたが、遅延していたのは「みずほ」だけで、午後からは貨物がバンバン走り出し、夕方まで撮影して帰路に就きました。

No-41 武豊線を走ったC56-160「SL-1世紀号」
May.1986 武豊線 東浦〜亀崎 C56-160+12系 SL-1世紀号 PENTAX67+SMC200mm f/4 Tri-X
(愛知の鉄道100年フェアのメインイベントで運転され名鉄局SL-1世紀号)
【名鉄局最後の誇りSL記念運転 2021.9/11】
 名鉄局が国鉄末期に誇りをかけて運転したのがC56-160による「SL-1世紀号」だと思います。
 中京地区最初の鉄道である熱田〜武豊が開通したのが明治時代の1886年、つまり、1986年は開通100周年の記念すべき年となります。国鉄の解体が迫っているこの節目の年に、名鉄局が最後の誇りをかけて梅小路機関車館に所属するC56-160を持ち込んで、1986年のGWに名古屋〜木曽川と名古屋〜武豊の区間において「SL-1世紀号」を運転しました。
 中京地区でSLが走るとあって大いに盛り上がった列車ですが、ファンの注目は当時非電化であった武豊線、電化区間のSLは全く人気がなく、本気モードの撮り鉄は武豊線への運転日に同線の勾配区間へ集結しました。終結したと言っても今のように撮り鉄が多くなく平和な時代ですが、大府駅先の築堤や東浦のカーブは人気ポイントで、沿線にも一目SLを見ようと多くの地元民が詰めかけていました。写真にも地元民のギャラリー、GWらしく鯉のぼりも一緒に写っていました。

No-40 C571+C56160重連が驀進!冬の北陸ときめき号
Feb.1991 七尾線 能登中島〜西岸 C5711+C56160重連 冬の北陸ときめき号 Canon newF-1+NFD50mm f/1.2 PRESTO400
(冬の能登半島は天候が悪く、67判は捨てて35mm判のPRESTO400で一本勝負!)


Feb.1991 七尾線 能登中島〜西岸 Canon newF-1+NFD300mm f/2.8L PRESTO400
(これほど見事な爆煙は本家の山口線でもなかなか見れないレベル)


Feb.1990 七尾線 能登中島〜西岸 C5711+C56160重連 冬の北陸ときめき号 PENTAX67+SMC165mm f/2.8 T-MAX400
(想像を絶する人の多さに負けポジ確定!中国の蒸気が恋しくなった・・・)
【能登半島に響くドラフト 2021.9/5】
 国内ネタに軌道修正するにあたり、蒸気機関車繋がりで「冬の北陸ときめき号」をプレイバックしたいと思います。
 JR西日本には山口線で活躍するC571ほか各地へ貸し出しも行われるC56160の2両が動態保存機として在籍し、山口線では両機の重連運転も過去には行われていました。そのようなJR西日本のエリアである能登半島のキャンペーンを盛り上げるため、1988年から1991年まで冬季に七尾線で蒸気列車「冬のときめき号」が特別運転されました。
 初回の1988年はC56160単機牽引、1989〜1991年はC571が入線しC56160との重連運転となりました。特に運転時期が2月の冬季で、七尾線の能登中島〜西岸には急勾配があるため、当然ながら爆煙が期待でき、アングルも良いため想像を絶するファンがお立ち台の斜面に三脚の密林を形成しました。
 私の場合、1988年の初回は4月にC623の試運転とDD51北斗星の撮影に北海道遠征を決めていたのでパス、1989年は卒業旅行で中国大陸へ蒸気機関車の撮影に訪中していたのでパス、1990年は社会人となり、大学時代の鉄仲間と列車で行くもお立ち台の人の多さに負けポジ確定、ラストの1991年は結婚して間もない時で、嫁の父(偶然にも元蒸気機関車ファン)と2人で遠征しました。嫁の父は関西本線のD51加太越えなど現役時代の蒸気写真を多数写しており、私の趣味を完全に理解してくれていたので、その後、嫁に散々文句と嫌味を言われつつ何度と通った中国大陸への蒸気撮影も応援してくれました。

No-39 蒸気機関車の魅力が倍増する後補機の力闘!
Dec.1994 承徳鋼鉄公司専用線 上游型+建設型プッシュプル石炭列車 PENTAX67+SMC90mm f/2.8 T-MAX400
(力闘する後補機の後追い狙いは中国蒸気撮影における目標の一つだった)


Dec.1994 承徳鋼鉄公司専用線 上游型+建設型+上游型変則三重連石炭列車 PENTAX67+SMC90mm f/2.8 T-MAX400
(承徳鋼鉄公司専用線では後補機が重連となる列車が多くドラフト音が凄まじかった)


Jan.2000 包神鉄路 敖包溝〜東勝 前進型変則三重連石炭列車 PENTAX67+SMC90mm f/2.8 T-MAX400
(ファンを魅了した包神鉄路の前進型3台運転、今見ても当時の感動が蘇る)


Dec.1993 南烏線 柳樹〜南岔 前進型+前進型プッシュプル運材列車 Canon F-1N+NFD85mm f/1.2L T-MAX100
(マイナス30℃を下回る極寒の峠、機械式旧キャノンF-1のモードラが唸る)
【これぞ現役!後補機の力闘 2021.9/4】
 中国のネタを書き始めると止まらなくなりそうなので、今回で一旦中国は終了し、次回から国内ネタに戻します。基本的に中国蒸気ファンは絶対数が少なく、撮影経験者でもない限り興味を持つ人は少ないです。確かに日本の蒸気機関車は美しく、美的センスが全くない産業機械チックな中国製蒸気に魅力はないかもしれませんが、現役の蒸気機関車にしか出せない空気感は格別で、特に前後から激しいドラフトの不協和音が脳天直撃するプッシュプル列車は最高でした。
 当時の中国では勾配区間は重連運用がほとんどで、後補機が連結されるプッシュプル運転はあまり無く、あってもサミットで走行開放されるケースが多かったです。中には重連運用にワンポイントだけ後補機が連結され変則三重連になる路線もありましたが、全ての列車に後補機が連結されるわけでもなく、中国的適当な運用が撮影者を悩ませました。
 写真4枚目の南烏線では、南岔〜柳樹の1区間だけ急勾配の峠があり、両方向からの列車に後補機が連結される素晴らしい撮影地でしたが、冬季の寒さは尋常ではなく、山岳用品店で買ったマイナス30℃まで計測できる温度計が下限でストップし、もはや計測不能の世界でした。持参した自由運台はグリスが凍結し全く動かず、素手で触ろうものなら皮膚が金属に張り付き、使い捨てカイロも発熱すらせず、唯一外気にさらしている眼球は角膜が凍りそうな恐怖に襲われました。しかし、最も心配したのはカメラが動くかどうかです。メインのペンタ67は電子制御シャッターなので、列車が近くに来るまでバックから出さず、耐寒バッテリーコードで電池はパンツの中で保温していました。シャッターを切った時の聞き慣れない「鈍い音」に不安を覚えました。一方、サブカメラで持参した旧型のキャノンF-1はメカニカルシャッターなので特に気にせず放置プレイでしたが、モードラMF共々絶好調、逆にフィルムが切れないか心配になりました。この日、同じ峠で撮影していた別グループのニコンF-2(メカニカルシャッター)はオイルが凍結して撮影不能になっていました。

No-38 怒涛のライブサウンド!前進型蒸気機関車に添乗する
Oct.2001 双鴨山鉱務局専用線 長安〜秀長山 前進型QJ6806 客21次 Canon EOS-10QD+EF28mm f/1.8 PRESTO400
(激しい振動にカメラをホールドするのが精一杯、過酷な労働環境だと痛感)


Oct.2001 双鴨山鉱務局専用線 長安付近 前進型QJ6806 客21次 Canon EOS-10QD+EF28mm f/1.8 PRESTO400
(蒸気機関車の前方視界は非常に悪い、大型の前進型なら運転も特に大変!)


Oct.2001 双鴨山鉱務局専用線 秀長山サミット 前進型QJ6806 客21次 Canon EOS-10QD+EF28mm f/1.8 PRESTO400
(投炭作業は過酷の極み、体力だけでなく石炭を投げ入れる技術も必要だ)
【禁断の前進型添乗 2021.9/2】
 緊急事態宣言下では夏季休暇をもらっても何もできず、本日も中国ネタで失礼します。
 中国の蒸気機関車撮影において、いつかチャンスがあればやってみたかったのが大好きな前進型への添乗です。添乗と書くと本来は指導機関士や試験官など上の人が一緒に乗務する事だと思いますが、駅や機関区で停車中の機関車に乗せてもらうのとは訳が違うので、添乗という言葉はやはり特別だと思います。
 私が中国で蒸気機関車への添乗に成功したのは過去3回、そのうち2回は前進型で、旅客列車の添乗は今回紹介する双鴨山鉱務局専用線だけです。当然ながら鉄路局や地方鉄路より管理体制は甘い専用線と言えども、走行する機関車に添乗するのは厳しいところですが、中国は交渉すべき相手、交渉方法さえ間違わなければ何とかなる場合も多いです。そもそも私が撮影してきた中国の写真も現場交渉で撮影させてもらったケースが非常に多く、幹部に見つからない範囲で現場責任者を攻略するのが効果的でした。「中国人はメンツが命」なので、添乗を交渉する際も絶対に最初から添乗したい旨を言うのではなく、日本製のタバコ(味が濃いピースが人気)を挨拶代わりに渡しながら、我々の目的を理解させた後、一番偉い機関士と交渉します。ここで間違っても機関助手やカマ焚き係と交渉してはいけません。機関士のメンツ丸潰れ・・・絶対に成功しません!機関士も乗務員の中で自分が一番偉いと思って交渉している外国の相手に対し、機関士としてのメンツもあるので簡単には断れなくなりやがて悩み始めます。そのタイミングを読み取り、最後の攻めとして、乗務員分のタバコ(この攻防時には一人一箱)を手渡しながら「〇〇駅まで少しで良いからお願いします」と添乗希望区間を示し迫ると過去3回ともOK(成功率100%)になりました。
 やはり、蒸気機関車への添乗は別格です。心臓を突き刺すドラフト音やロッドの金属音、ボイラーからの凄まじい熱気、カメラもホールドできない激しい振動、もう前進ならぬ全身ライブですね。

No-37 魂を込めて現像した至極のモノクロフィルムPRESTO100
Dec.2000 包神鉄路 東勝機務段(機関区) 前進型QJ6194 Canon EOS-1NHS+EF50mm f/1.4 PRESTO100
(夜の蒸気機関車は幻想的、決死の機務段バルブはやるだけの価値があった)


Jan.2000 包神鉄路 敖包溝〜東勝 前進型変則三重連石炭列車 Canon EOS-1NHS+EF70-200mm f/2.8L PRESTO100
(巨大な前進型が重連+後補機で長大石炭列車と格闘した内蒙古自治区の包神鉄路)


Dec.2000 包神鉄路 沙沙垉台〜敖包溝 ハイデフ機QJ1969先頭の変則三重連 Canon EOS-1VHS+EF70-200mm f/2.8L PRESTO100
(発売間もないEOS-1VHSを持ち込んで、フィルム1本回し切ってしまった列車)


Dec.2000 包神鉄路 響沙湾 前進型石炭貨物(返空便) Canon EOS-1NHS+EF50mm f/1.4 PRESTO100
(響沙湾は美しい砂漠地帯で、前進型と砂漠のコラボが撮影できた絶景スポットだった)
【至極のフィルムPRESTO100 2021.8/29】
 今日が54歳最後の日になります。明日から55歳、四捨五入すると60歳!年金受給まであと10年・・・貯蓄と支出のバランスを考えながら早期退職し、内燃機関車(DL)を求めて再び中国大陸へ行きたいと思う今日この頃です。
 さて、私は大の銀塩モノクロファンで、現像も高校生の頃から自分でやっていますが、ブローニー判はダークバック内でリールにフィルムを巻くのが難しく、失敗が怖かったので昔はコダックの東洋現像所に出していました。その後、イマジカに社名が変更になってから現像の品質が悪くなり、その証拠にイマジカになってから現像されたフィルムは30年ぐらい経過すると変色しているものがあります。おそらく定着か水洗不足と思いますが、モノクロなので変色してもカラーのように被害はありません。一方、35mm判を出すと粒子ボロボロで、完全な高温現像による時間短縮手抜き現像となり最悪でした。結局、中国大陸の蒸気機関車を撮影するようになってからは、ブローニー判も全て自分で現像するようにしましたが、帰国した後の現像とプリント作業は正に地獄でした。
 35mm判の場合、現像の良し悪しが粒子や画質に大きく影響するため、現像液はコダックD-76の1:1希釈と決めているものの、最適な現像液の温度である20℃を四季を通じて保つのは至難の業で、外気温に合わせ現像液を希釈する水の温度を調整し、気泡と攪拌に注意しながら現像時間も変更していました。ネガの濃度が薄いと完全に失敗、濃すぎると粒子が粗れ高コントラストで画質が悪くなります。最高のフィルム、最高のレンズ、最高の現像が全て調和すると35mm判でも極めてシャープで、面倒なブローニー判に頼る必要もありません。特に一時期フジフィルムから発売されていたPRESTO400の微粒子タイプであるPRESTO100が最高で、長年愛用してきたペンタ67に見切りをつけさせたフィルムでした。このフィルム、噂ではイルフォード社のDELTA100の技術が入っていたらしく、直ぐに後継フィルムであるACROSに変更となったのもそのような理由からでしょう。ACROSも悪いフィルムではありませんが、PRESTO100のような深いトーンは出ません。私が魂を込めて現像したPRESTO100の時代が自分の現像技術において最高潮の時だったと思います。

No-36 青梅線を駆けた古豪ED16(立川機関区所属)
Dec.1981 青梅線 奥多摩駅 ED16-18(ラストナンバー)とED16-12 PENTAX K2+SMC50mm f/1.4 Tri-X
(夜の奥多摩駅に並ぶ古豪ED16、構内も明るくバルブに最適な駅だった)


Dec.1981 青梅線 沢井〜軍畑 ED16-6 石灰列車 5182レ PENTAX K2+SMC135mm f/3.5 Tri-X
(ED16ファーストカットは、三枝氏の写真集を見て決めたこの鉄橋で狙いました)


Dec.1981 青梅線 古里〜鳩ノ巣 ED16-6 石灰列車 5183レ PENTAX K2+SMC135mm f/3.5 Tri-X
(桜の時期に最高の場所ですが、晴天でED16なら何も文句はありません!)
【立川機関区のED16 2021.8/26】
 昨日アップした電動貨車クワ50形の写真は、青梅線ED16の撮影に向かう道中で偶然撮影した旨書きましたが、やはり本命のED16をここでアップしておかないと話が中途半端になるので、一部ですが青梅線で撮影したED16の写真をアップしようと思います。
 そもそも青梅線のED16に興味がわいたのは、雑誌レイルガイの臨時増刊号で発刊された三枝信一郎氏のED16写真集を買ったからです。この方はレイルガイでいつも素晴らしい写真を発表し、私が早くからペンタックス67の導入に踏み切ったのもこの方の影響です。写真集を見るたびに、ED16の引退が近いこともあって行きたいとは思うものの、まだ中学生だったので宿泊を伴う遠征は厳しものがありました。でも、ここで行かなければ後悔すると思い、写真集片手に1981年12月遠征を実行しました。
 青梅線は結構不便な場所で、どのようなルートで行くか悩みましたが、宿泊のことを考え、往復とも中央線の夜行列車を使って現地に入りました。撮影場所については、写真集に掲載されていた撮影ガイドと列車ダイヤを参考に、限られた時間でしたが何とか撮影することができました。唯一、残念だったのがスノープラウ付の14号機が運用に入ってくれず、帰るときに立川機関区いるのを車窓から見ただけで終わってしまったのが心残りです。結局、この時の撮影が最初で最後となり、1983年に12系客車を牽引する「さよなら列車」を最後に全機引退しました。

No-35 近鉄にも荷物列車が存在した!電動貨車クワ50形
Dec.1981 近畿日本鉄道 白子駅 クワ51+モワ11 荷物列車 MINOLTA X7+ROKKOR50mm f/1.7 KR
(近鉄の前身である大阪電気軌道1500形の生き残りである電動貨車クワ50形)

【希少車輌クワ50形発見! 2021.8/25】
 ついに三重県も緊急事態宣言が本日発令され、いよいよ撮影も厳しくなってきましたが、中央西線の不通で8075レも単機が続いているので、ここは無理をせずデジタル化した過去の写真で中継しようと思います。
 前回まで鉄歴50周年記念として、古い時代に撮影したポジの画像を紹介してきましたが、その中に1コマだけコダクロームで撮影した古い近鉄車輌の姿がありました。この写真は1981年12月、青梅線へED16の撮影に向かうため近鉄の白子駅で特急を待っている時に来た荷物列車の写真です。当時、近鉄など全く興味がなく、唯一撮影したのは1979年のビスタU世10100系さよなら運転ぐらいで、通常なら何が来ても撮影などすることはありませんが、この列車がホームに入ってきた時、見慣れない「荷」の看板と明らかに古そうな車体に天の声が聞こえたのか、咄嗟にコダクロームを入れていたサブカメラで一枚だけ撮影したものです。
 あれから約40年の月日が流れ、撮影したことすら忘れていましたが、先日デジタル化したDF50のポジにこのポジが混じっており、これが電動貨車クワ50形+モワ10形の荷物列車であることが判明しました。クワ50形もモワ10形も元は1939年製造の大阪電気軌道(近鉄の前身)1500形・1400形の生き残りで、クワ50形へ2両、モワ10形へ9両が電動貨車として改造され、荷物列車や鮮魚列車に余生を送りましたが、荷物列車の廃止や老朽化を理由に1983年に全廃されました。

No-34 鉄歴50周年記念 コダクロームKRで記録したDF50マン型
Mar.1981 土讃本線 阿波池田駅 DF50-570 貨物 273レ OLYMPUS OM10+ZUIKO50mm f/1.8 KR
(マン型500番台は501-573号機が存在したが、ズルツァー型より早く全機消滅した)


Mar.1981 土讃本線 大杉〜大王 DF50-570 貨物 273レ OLYMPUS OM10+ZUIKO50mm f/1.8 KR
(大杉駅を発車しトンネルに突入するマン型570号機、コダクロームの色も健在)

【早期に全滅したマン型 2021.8/22】
 鉄歴50周年記念の第4弾はDF50マン型について書こうと思います。
 DF50にはスイス製のエンジンを積むズルツァー型(1-65号機)とドイツ製のエンジンを積むマン型(501-573号機)の2種類が存在しましたが、私の地元を走る紀勢本線を受け持つ亀山機関区はすべてズルツァー型で、マン型を撮影するには日豊本線や山陰本線などへ行くしかありません。いつかは撮影したいと思ってはいたものの紀勢本線より早く引退し、ついに四国へ渡った数両が残るのみとなっていました。
 四国に行けばトップナンバーもマン型も今なら両方撮影できると、1981年3月に兄と2人で夢の四国へ遠征しましたが、マン型は四国でも廃車が進み、この時点で残っていたのは565、570、571、572、573号機のわずか5両でした。この中で初めて撮影したマン型が写真の570号機で、四国型のスノープラウがマン型で唯一装着されておりカッコ良かったです。マン型には四国特有の前面補強が亀山から転属した機関車と同様に施されておらず、この当時は四国、亀山タイプのズルツァー型とマン型とDF50の同窓会のような場所だったと思います。
 その後、1983年8月にDF50さよなら運転の第一弾であるDF50秘境号(1+65号機)撮影のため再訪しましたが、この時は既にマン型は全機姿を消しており、私にとって最初で最後の撮影となりました。本命のモノクロフィルム以外にコダクロームでもマン型を記録できたことは今となっては良い思い出です。

【関連】四国を駆けたDF50(予讃線・土讃本線) 篇

No-33 鉄歴50周年記念 コダクロームKRで記録した愛しのDF50
Mar.1981 多度津駅構内 DF50-1+DF50-48(両機スノープラウ付) OLYMPUS OM10+ZUIKO50mm f/1.8 KR
(水銀灯でデイライト用ポジを使うとグリーンに発色し良い雰囲気が得られた)


Mar.1981 予讃本線 多度津駅 DF50-37 貨物 178レ OLYMPUS OM10+ZUIKO50mm f/1.8 KR
(デジタル化してもその粒状性とシャープネスは最高レベル、さすがはコダクローム)


Mar.1981 予讃本線 多度津駅 DF50-31 貨物 177レ OLYMPUS OM10+ZUIKO50mm f/1.8 KR
(37号機や31号機はかつて亀山機関区の配置で、嬉しい再会を果たした夜だった)
【初めてのコダクローム 2021.8/22】
 鉄歴50周年記念の第3弾はコダクロームについて書こうと思います。
 残念ながらモノクロ主義の私にはポジフィルム自体使う機会が極端に少なかったわけですが、一番の理由が自分で現像もプリントもできず、ダイレクトプリントするにも料金が高いし、引き伸ばしのピンも甘く満足な写真が得られなかったからです。鉄道雑誌への掲載を狙うなら低感度のポジフィルムを使うのが必須ですが、特に写真のレベルが高かったレイルガイという鉄道雑誌では、35mm判の場合はコダクローム25か64が投稿の条件で、いかにこのフィルムが別格だったか良く分かります。
 私が初めてコダクロームを使ったのが今回アップした四国のDF50で、メインのペンタックスK2には愛用のTri-Xを入れ、紀勢本線時代一緒にDF50を追った友人から借りてきたオリンパスOM10にはコダクローム64(KR)を詰めて撮影に挑みました。以前、エクタクロームを使ったことがあるので同じようなフィルムだと思っていましたが、発色はかなりクセがあり、発色はエクタクローム64の方が自然だったというのが第一印象です。
 しかし、長い年月が過ぎても全く退色していないこのフィルムやはり只者ではありません。水銀灯の下でバルブすると色温度の違いでグリーンに発色するのはデイライト用ポジフィルムの特徴ですが、冴えわたる粒状性とシャープネスはデジタル化しても別格です。

No-32 鉄歴50周年記念 悔いが残る車輌ブルドックキハ81系
Aug.1977 紀勢本線 大内山〜梅ヶ谷 キハ81系 くろしお5号 1D PENTAX SP+SMC135mm f/3.5 FUJICOLOR F-U
(ネガカラーは退色が酷かったが、貴重なキハ81系なのでモノクロ化してみました)


Sep.1977 伊勢線 津〜東一身田 キハ81系 くろしお2号 2D PENTAX SP+SMC135mm f/3.5 FUJICOLOR F-U
(津駅からしばらく紀勢本線と並走し、ここから右に曲がって伊勢線を全速で突き進む)


Sep.1978 伊勢線 東一身田〜河芸 キハ81系 くろしお2号 2D PENTAX SP+SMC135mm f/3.5 FUJICOLOR F-U
(引退直前は7両編成となり、ヘッドサインも盗難防止のためか外されていた)
【悔いが残るキハ81系 2021.8/21】
 鉄歴50周年記念の第2弾はキハ81系について書こうと思います。
 先のNo-31でも書きましたが、紀勢本線のDF50は一眼レフとモノクロフィルムを使った撮影ができたので自分的には満足していますが、あと少しのところで撮り逃し、今も悔いが残る車輌がブルドックの愛称で親しまれ1978年10月のダイヤ改正で引退したキハ81系です。
 キハ81系最後の活躍は特急「くろしお」ですが、私が紀勢本線で蒸気機関車を撮影し始めた頃は伊勢線(現在は伊勢鉄道)が開通しておらず、亀山回りで運転されていました。昭和48年9月に伊勢線が開通すると、今の南紀が伊勢鉄道を通過するように伊勢線経由に変更となりました。キハ81系はDF50と同様に私には身近な車輌で、常に撮影のターゲットでしたが、10両編成で前後キハ81の時代はハーフサイズのカメラでしか写しておらず、特に伊勢線は全線高架鉄道なので運転速度が速く、よく通った東一身田駅辺りの撮影地ではカッ飛んで来るので安物カメラでは話になりません。
 しかし、兄が新しくオリンパスOM2を買ったのを機に、時々古いペンタックスSPを借りて末期ながらキハ81系を一眼レフで撮影することができました。ところが、この頃はネガカラーを使っていたので、今となっては退色が激しく、あと1年引退が遅かったら愛機ペンタックスK2でモノクロ撮影ができたことを考えると非常に残念です。DF50とキハ81系の分かれ目は正にこの1年の差に尽きると思います。でも、デジタル化という当時では想像もつかない技術が登場し、退色したネガカラーでもモノクロ化することで復活させることができ、ネガを大事に保管しておいて良かったと思います。

No-31 鉄歴50周年記念 紀勢本線DF50エクタクロームの残像 
Dec.1979 紀勢本線 一身田〜津 DF50-53+旧客 127レ PENTAX K2+SMC135mm f/3.5 Ektachrome64
(モノクロ撮影が中心でしたが、末期にエクタクローム64を使用して撮影しました)


Feb.1980 紀勢本線 滝原〜三瀬谷 DF50-32+旧客 122レ PENTAX SP+SMC55mm f/1.8 Ektachrome64
(今も名撮影地として人気がある三瀬谷ダム前の宮川橋梁を行くDF50牽引122レ)


Dec.1979 紀勢本線 亀山〜下庄 DF50-32+旧客 127レ PENTAX K2+SMC50mm f/1.4 Ektachrome64
(亀山から127レに乗車し、絶好の車窓スポットである下庄の大カーブで一枚!)


Dec.1979 紀勢本線 下庄〜一身田 DF50-58+旧客 125レ PENTAX K2+SMC135mm f/3.5 Ektachrome64
(ISO400の常用Tri-Xに比べ、ISO64のエクタクロームは露出が厳しかった)


【エクタクロームの底力! 2021.8/21】
 まもなく55歳になりますが、兄が使っていたオモチャのハーフサイズをもらって近所を走る蒸気機関車を撮影したのがちょうど50年前(記憶では誕生日の少し前にカメラをもらって近所を走るD51885を撮影したのがファーストカット)で、ついに鉄道写真歴50周年を迎えることができました。同じ趣味を50年もよく飽きずにやっているものだと自分でも関心しますが、撮影を始めた頃は近所の紀勢本線ではD51やC57など蒸気機関車が現役で走っていたので長い歴史を感じます。本格的にモノクロフィルムで鉄道写真を撮影するようになったのは1978年ぐらいからで、それ以前は先のオモチャカメラかその後に買ったハーフサイズPEN-EE3での撮影なので画質は期待できません。
 さて、このような長い鉄歴の中で、やはりこの機関車があったからこそ鉄を続けることができたと言えるのは、間違いなく紀勢本線のDF50でしょう。私が13歳となった中学1年生の時に引退しましたが、かろうじて真面な写真が残せ、モノクロだけでなく当時はプリントしなかったポジの画像もデジタル化で蘇り、今や私の宝物です。
 記念すべき鉄歴50周年記念となるNo-31は、本日デジタル化した貴重なポジフィルム撮影による紀勢本線のDF50をご覧いただこうと思います。既に42年程度経過していますが、ネガカラーと違いポジは色がしっかり残っていました。ほとんどデジタル処理の色補正はしていないので、大きな退色はコダクローム同様見られないですね。これが同時期のネガカラーならほぼ変色しおており、モノクロ化するしか使いようがありません。

【関連】紀勢本線を駆けたDF50 篇

Back