Maintenance
-ライカのメンテナンス 順次追加予定- 
 
ライカM型トップバッターである名機M3が登場したのが約50年以上も前の1954年なので、状態の良い個体は限りなく少なくなってきている。特に、中古になるとその素性が分からないので、どのようなメンテナンスを受けてきたのか全く分からないことが多い。最後は自分の目と耳で感触を確かめ、購入するしかないが、ファインダーの簡単なゴミや曇りの除去、駆動系の注油、革の張り替えなどは、工具があれば自分でも簡単にできる。ここでは、簡単なメンテナンスを中心にライカをレストアしてみよう。
ライカメンテナンスメニュー
第1回・・・M6のトップカバーを外しましょう!(ファインダーの清掃に威力を発揮)
第2回・・・M2のトップカバーを外しましょう!(ファインダーの清掃に威力を発揮)  
第3回・・・カナダ製ラピッドワインダーを改造し、欠点である空転を阻止しましょう!
第4回・・・M型ライカのシャッター音を考える!
第5回・・・禁断のM型シャッター幕交換!(先幕交換にチャレンジ)
第6回・・・ジャンクなM2を復活させる!(不動のM2をスペシャル機に仕上げる)
第7回・・・ライカワインダーにご用心!(シャッター幕リボンが切れたM6の原因究明)
第8回・・・お散歩ライカを作くりましょう!(改造ライカで楽しむお散歩ライカの作り方)
次回をお楽しみに!


Back