http://yangrou.la.coocan.jp/
Gallery3 VOL-30-8075レ 関谷踏切 Digital photo 2020.8/19 update

大本命!臨貨8075レを関谷踏切で撮る
- 関西本線の名舞台、関谷踏切撮影指南 -

【PART1】2019ダイヤ改正超目玉!臨貨8075レ撮影指南-1(2019.3/26〜2019.9/19)
【PART2】2019ダイヤ改正超目玉!臨貨8075レ撮影指南-2
(2019.9/20〜2019.12/12)
PART3】2019ダイヤ改正超目玉!臨貨8075レ撮影指南-3(2019.12/16〜2020.3/13)
【PART4】2020ダイヤ改正で存続!臨貨8075レ撮影指南-4(
2020.3/17〜2020.9/15)
【PART5】2020ダイヤ改正で存続!臨貨8075レ撮影指南-5(2020.9/30〜2021.3/12)
【PART6】DF200重連運用が登場!臨貨8075レ撮影指南-6
(2021.3/15〜撮影中)update 2021.10/15
【総集編】臨貨8075レ撮影地コレクション(稲沢→四日市)
【追憶篇】元祖DD+DF重連篇(紀勢本線DD51試運転DD51+DF50重連ほか)
【お勧め】追憶Gallery(懐かしの写真が満載!)update 2021.5/22
【新企画】鉄道写真雑記帳-2
(随時更新中)

朝日(関谷踏切)で撮影したいファンのための徹底ガイド!
2019.9/18 朝日〜富田(関谷踏切) DD511801+DF200-216+タキ15B Nikon D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC-14EV
(日没30分ぐらい前の斜光線が一番美しい!この光線を撮りたくて関谷踏切を目指すファンは後を絶たない)

関谷踏切撮影徹底ガイド
【ワンポイント】
 関谷踏切は関西本線の朝日〜富田にある踏切で、臨8075レを夕方の美しい斜光線かつ順光で写せる場所。上下線がやや開いており、線間のトラロープもこの付近だけ設置されていないこともあって美しい編成写真が撮影できる。特に線路がややアウトに振られているので非常に迫力があり、夕方の美しい斜光線が妖しく照らす。当地の臨8075レ通過時間が17時23分頃であることから10月上旬から2月中旬までは日没後の通過となるため撮影は困難だが、それ以外の時期は順光で撮影が可能である。ただし、当地一番の魅力はやはりオレンジ色に染まった日没間際の斜光線を浴びた姿に他ならず、ベストの時期は日没が通過の30〜40分後となる9月中旬か3月上旬だ。
 2019年に関しては9月16日、18日、19日の3日間がこの条件に合致し、激晴れ+スノープラウ装着機と相まって最高の条件を提供してくれた。ここは曇りでも勿論撮影できるが、斜光線を浴びた雄姿を一度でも撮影された方なら答えは「晴れ以外ダメ!」となるだろう。そのためには、時期を選び晴れる可能性があれば徹底的に通うべきである。

【アクセス】
 
下の地図を見ていただくと関西本線の朝日駅から富田方面に歩いて行ける(15分ぐらい)距離にあり、やや遠いが近鉄の伊勢朝日駅からでも十分歩いて行ける。しかし、この場所は軟弱な三脚では歯が立たず、激パすると手持ちで撮影者の脇から抜くなど甘い考えも通用しない。特に激晴れの日は早くから場所取り合戦が勃発し、背が高いハイボーイ4段や5段ぐらいないと場所が確保できない。最終手段は大型の脚立を使用し手持ち撮影となることから、基本的には重い機材を運べる車でのアクセスが現実的だろう。
 注意すべき点として、踏切付近の路上に駐車すると車の対向が出来ず、住民から警察に通報が入るとパトカーが出動し、撮影直前であろうが道路の外側線から内側に入っている三脚や脚立は撤去され、さらには駐禁も切られるとの情報もあるので警察に出動されないよう路上駐車は厳禁とし、駐車するなら地図のスペースに駐車するようにしたい。途中に小さな川を挟むが、道路に上がれるよう橋と小道があり踏切まで歩いて直ぐに行ける。

 なお、住民からの通報が最近は町役場へ入るケースも多く、2020.8/19の撮影では、「議員から苦情が入った」とのことで町職員が見回りに来ていた。本来は踏切を拡幅していないことによるボトルネック(交通障害)が真の原因であって、道路の側線もそもそも北側はほとんど消えているし、歩道そのものが無いインフラ整備不足を逆に指摘したい。警察には「外側線が消えており境界線が判別できない」、町職員には「インフラ整備不足」のキーワードが効くと思います。

【ポジション】
 
写真で見ると踏切から望遠レンズで普通に撮っているように見えるが、下のGoogleストリートビューの画像からも判るようにポールとポールの隙間を望遠で抜いて撮影している。そうなるとこの限られたスペースに何十人ものファンが集まればどうなるか想像するのに難しくない。普通に中型の三脚でセットできるのは3人分、前に出るにも土手の傾斜や踏切制御ボックスが邪魔であまり下げられず、後方なら大型三脚+脚立で数人いけるが、外側線の内側ゾーンになるため警察出動の際には撤去となる可能性があり安心できない。また、奥の鉄塔もよく見えるのでハイアングルも考えもの。つまり、関谷踏切は3人ぐらいしかベストアングルは確保できず、それ以外は大型の三脚で無理な場所にセットするか手持ちでやるしか撮影できない。よって、長時間立ち尽くす覚悟がないなら、早めに来てしっかり三脚で場所を確保し、楽な体制で雑談しながら待ったほうが無難だろう。
 なお、当地ではポール抜きアングルを通称「勝ち組アングル=勝ちポジ」、踏切横の三脚が立てやすい場所(全編成が写らない)を「負け組アングル=負けポジ」と呼んでいるようだ。

【機材など】
 望遠レンズ必携!理想は400mmぐらいまである高性能な望遠ズームが最良で、タイトなポジションなので画角調整できる方が便利だ。ベストポジションに入れたら300mmぐらいで撮影が可能で、若干トリミングする必要があるが200mmのズームに1.4倍テレコンでも十分いける。同じポールの間を抜くにも1人分場所が違えば画角も変わり、踏切に近いほど望遠レンズが必要となる。
 その反面、「負けポジ」は踏切横に安定した足場が確保されており、ファンが少なかった時代はここに車を駐車していたぐらいなので、「勝ちポジ」が激パしていても十分撮影が可能である。レンズも150〜200mmぐらいあれば十分で、道路の側線を超えることなく安心してセッティングできる。

【ポールの影処理】
 ネットで写真を見ているとあまり気にする人が少ないのか、凸側面の目立つ位置にポールの影を落としている写真を多く見かける。特にキャブの横に影がモロに落ちているのは絶対NGで、前面の影落ち同様やってはいけない鉄道写真の禁忌事項だ。しかしながら、この場所は逃げ場がないタイトな隙間を抜いているので左右これ以上振れない限界があり、凸側面に落ちる影をベストタイミングで完全に抜くことはできない。
 そこで、どのように影を処理するのが一番良いのか考えた結果、ベストはキャブの側面にある扉の窪みに影を落とし入れた一瞬で、この時が一番影の影響が少ないと思う。しかし、これは私のカメラのように秒間6コマ機では運任せで、本当に狙うなら秒間20コマぐらいの機種が必要と思われる。一般的には右端ポールギリギリまで凸を引っ張り、影をできるだけキャブより後方の目立たない位置へ流すのが正攻法だ。そのためには、右はポールギリギリか少し写るぐらいまでフレーミングしておき後でトリミングするのが効果的で、右ポールまでどれだけ被らせずギリギリまで引っ張れるかで迫力が違ってきます。個人的に「勝ちポジ」は左右に余裕があるよりカツイ写真の方が躍動感があって好みです。でも、凸を引っ張りすぎて右端がポールに被ったらアウトなので、マージンを残しながらどこまで引っ張れるか勝負してみてください。シャッター速度は画素数にもよるが、先頭がややアウト側に顔を振るので1/1600以上が安全パイと思う。
 一方、「負けポジ」もポールの側面影落ちには注意し、影落ちポイントを把握したうえで必要以上に引っ張らないのがコツだ。最高のタイミングで切れればタキも4両程度見えるし、DD51の側面もポールの影落ち無しで綺麗に抜けるので、タキが10両未満の短い時や「勝ちポジ」に立錐の余地も無い時は積極的に「負けポジ」も活用しよう。シャッターは一段上げの1/2000で切りたいところだ。

【2084レとのカブリ】
 ほとんど同時刻に逆からDD51牽引のコンテナ2084レがやって来る。時刻通りなら臨8075レの方が2分〜3分ぐらい2084レの前に通過するが、だいたい1分ぐらいは遅れて来るし、2084レが若干早い場合もあるので結構冷や汗もの。実際に被ったケースもあるようで、臨8075レが通過しても踏切が上がらずに2084レが続行で通過するケースは頻繁にある。苦労して待っても最後の最後で悪夢が降りかかってくるかもしれないので最後まで気が抜けない。

【気象情報】
 
通過時間が17時23分頃と臨8075レの撮影ポイントとしては遅めで、この時間まで夕陽が綺麗に照らしてくれる日は多くない。特に空気が澄んで強烈なコントラストが出る日は年に数えるほどしかない。それもベストの時期である9月中旬と3月上旬で考えると、3月上旬は春先特有の霞がかったスッキリしない天気が多いので、条件的に言えば9月中旬の晴天日が大本命だ。あとはベスポジを確保し、カマがスノープラウ付でタキが12両以上あれば一発で卒業できます。

【その他】
 
ダイヤ改正前は異常な激パが日々展開されたが、改正後も運用が存続されることになったので天気の良い日を選んで納得するまで通ってください。


激パでも安心!場所が無い時、タキが短い時は「負けポジ」で勝負!
2020.8/19 朝日〜富田(関谷踏切) DD51857+DF200-222+タキ7B Nikon D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
(タキが短い時は「勝ちポジ」より編成後部を隠せる「負けポジ」の方がバランスが良い)

関谷踏切マップ 地図:Googlemap
この赤い□を望遠レンズで抜くので、激パしたらどうなるか想像してください。撮影するには気合が必要です!

Back